2010年04月29日

silence-サイレンス

【silence-サイレンス】 全01巻  /秋山 こいと

話は繋がっている。
・「Rebirth」
ロンドン。秘密情報組織SISに所属する体力自慢のゼンジは、難病のVEBに冒され解雇される。
その帰り道にぶつかってきて、追われていると話すマドカをかくまう羽目になる。そのマドカは還躬整体(ぜんきゅう)の力の持ち主だった。超能力モノ。

・「Bet」「Bed Millie's」「Bed Theo's」
秘密情報組織SISのSE、ミリーは、同僚のゼンジに学生時代から片想い。失恋から有給を取って引き篭もる。ずっと口説いてくるテオから賭けを仕掛けられる。

・表題作。
還躬整体能力で殺人を犯すマフィアのシオンは、皆殺しを命じられた仕事でルカ・アンジェリだけを生かす。ルカは脳と身体が繋がっていないとシオンは判断、口がきけない少年だった。
マウロはボスに可愛がられているシオンに嫉妬する。
たぶんシオンはマドカの兄。

ところどころには可愛いシーンもあるけど、基本シリアス。面白い。

ところが、やっぱこの作家さんははちゃめちゃファンタジーコメディであってほしいと思う(ちなみにこれも、設定はかなり無茶ぶり)……ワガママな読者だと自覚している。
もちろんこれも楽しい。

お話作りが好きなんだろうな。絵は上手くなったな〜。味が出てきた。好きな感じ。
もちろんいろんな作家さんと比べるとまだなのかもしれないけど、たぶん頭の中に描きたいことが爆発してて、でも画力が追いつかなくてジレンマに陥っているのが手に取るよう。
他の作家さんは描きたいことがなかなか浮かばないのだろうに。
とにかくお話作りが巧み。これからますます楽しみ。応援。
                         2010/4/27

《こんなふうにおススメ》
気になる作家さんになりました。


ラベル:秋山こいと
posted by zakuro at 01:16| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

こちらワンワン急便第七班

【こちらワンワン急便第七班】 全01巻  /秋山 こいと

ウサギの形をした第七惑星系ピース。人によく似た「ピト」と、その他の宇宙生物が共存している。
そこで営業中の運送屋さんワンワン急便。首都ラビッツの支局第七班。
班長のホタルは、お得意様から預かり勤務させている流星に手を焼いている。しかも七班はおちこぼれと言われ、優秀なホタルで保っていた。ミスだらけの七班は、ホタルの以前の上司から無理難題の配達を命令される。それをやり遂げなければ七班は解散。お荷物の流星は、任務遂行できたらホタルにキスしてもらう約束を取り付けて。

・「三丁目の花」
銭湯花の湯の恵(けい)は、父の入院費用を工面するために危ないバイトを考える。ところが常連の仁内がそれに気づいて。

頭下げたい、このバカバカしいまでのファンタジーっぷり、最高。ファンです、ついていきます。
どこか大好きな星野りりぃさんにも似て、すっかり好きな作家さんになってしまいました。
めちゃ可愛い。楽しい。犬たちめんこすぎる。
コマが大胆になってきて、話と合う。
応援しています。
                         2010/4/26

《こんなふうにおススメ》
笑えます。


ラベル:秋山こいと
posted by zakuro at 10:33| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

恋人がオオカミ。

【恋人がオオカミ。】 全01巻  /秋山 こいと

短編集。
・「負け猫ドロップ」
人間と猫の国の狭間の駅で働く、ねこでんの駅員さんココア。

・「体の奥からろまんちっく」
就職活動に命をかけるヴェガは、恋人のジオの部屋を出て行く。

・「恋人がオオカミ。」
亮二は欲情すると狼になってしまう体質。つきあって三ヶ月の恋人のユキヒロともう一歩進めたい。
スノボに誘うが仲間もついてきて。

「にゃんこといっしょ!!」
家族が出払い、家事能力ゼロの六条大志とにゃんこが残される。そこに夏樹が手料理を作りに。

・「紅花夜話」
綜鉄は元神様のミヤと恋人。しかしミヤはまた神に任命されてしまう。

・「地平線より愛を込めて」
猫のくに総合病院に本部をおく野外治療班、のいちご組。
外科医のモエミは、砂漠で王子を拾う。名前はバラの又三郎。

初コミックス。擬人化もの。
なんとも可愛らしいお話。BLでなければ、「りぼん」に連載されそうなファンタジー。
ほのぼので、いーやーさーれーるー。

かなりはまる。ネコ耳属性ないんだけどなー。
天然というよりアホっこちゃんたちがなんともキュートで悶える。
絵も上手いわけではないのに(すみません)味があって、表情も良くて、漫画ってこういうものだよねとまで思わせた。
恐るべし。

台詞回しも良い。読者にツッコまれること承知の潔さ。
萌え的笑いの落としどころが楽しいんだな、これはセンスと思う。
ばかばかしいほどのファンタジー設定も確信犯。
どんな採用通知だよ、みたいな。
可愛さの極地と言っておこう。すっかりファン。
                         2010/4/25

《こんなふうにおススメ》
It's so Cute!


ラベル:秋山こいと
posted by zakuro at 03:22| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

図書室のお兄さん

【図書室のお兄さん】 全01巻  /真行寺 ツミコ

短編集。
・表題作。
佐藤久は、学校の図書室のお兄さんに憧れている。そのお兄さんが図書室で男に抱かれているのを見て。

・「ホワットエヴァー」
マイケル・パットンが購入したメイドは男性型だった。

・「Married with Children」
音楽学校に通うためにミネソタからLAに出てきたオーランド。アパートでニッケに出逢う。

・「Little by Little」
配線工のウィリアム・エマーソンは妻と離婚して2年。幼いエリカとは二週間にいっぺん会える。
そのウィリアムに付きまとう人気俳優のジャック・オゾン。

・「MAJESTIC」
少佐だったエドワード・リバースは優秀な兵士だが、ひとりではヒゲも剃れない。戦場でのこと。

人気の作家さん。わかる気がする。エロとういういが同居。
表題作の絵はワンピのサンジを二次創作した感じ。ツボつかれるんだろうな。

個性もあって面白い。
作者の部分萌え的なフェチも入っててかなり笑った。

最後の話は戦友の物語。戦争を「圧力釜で似た闇鍋」と称して胸を突かれた。泣けた。
                         2010/4/24

《こんなふうにおススメ》
心情移入しなさそうに突き放してるんだけど、ぐっときます。


ラベル:真行寺ツミコ
posted by zakuro at 01:03| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

し【真行寺ツミコ】

【真行寺 ツミコ】 しんぎょうじ つみこ

図書室のお兄さん
ラベル:真行寺ツミコ
posted by zakuro at 00:57| Comment(0) | 作家別【さ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

ハッピープレイ

【ハッピープレイ】 全01巻  /須貝 あや

短編集。
・表題作。
優秀でモテまくりの成海が、麻生藤央(ふじひさ)は嫌い。意識しすぎて挙動不審になるからだ。
嫌がらせのつもりで、わざと「告白」してみたが、逆に好きだと言われてしまう。

・「work the other way around」
栄一郎を独り占めしたくて高飛車に出る和実だが、逆にいいようにされてしまう。

・「earned run」
世間からの評価も高い礼儀正しい優秀なハル。幼馴染みの朋はその実体をよく知っている。

・「交換日記」
同僚の伊織と裕太は同棲中。してほしいことを書く交換日記に。

・「daily jealous innocents」
孤立して笑顔のない同級生に執着する。

・「OK! ベイビー!」
小児科ドクターの西野の指名で、事務員なのに花岡はベビーシッターに赴く。

・「得する秘密」
幼馴染みの恋人で生徒会長の清太郎が冷たいので強行手段に出た野寿也。

・「Fake」
妹と結婚する恋人の真意は。

・「シンボライズ・リング」
小さくてずっと後をついてきた栄悦(えいえつ)。直とは幼馴染みで恋人同士。
栄悦はぼんぼんで、一緒に暮らしながら直はそこで働いている。

初コミックス。表題作は描き下ろし。
B's LOGの「男家 !!」で読んでいて、BLのままならどんな感じが興味があった。

うーむ。絵、上手い。BLの方が良い気がする。とくに煽った感じのエッチシーンが上手だから。
可愛らしい絵がSMチックなのはすごい。ファン多そうだな。

うっかり気軽に手にしたけど、かなり面白い。
王道路線なんだけどバランスが良いんだろうな。
一般漫画で無理せずにBLで伸び伸びが向いていると思った。
                         2010/4/20

《こんなふうにおススメ》
掘り出し物の作家さんな気分。他も読みたいです。


ラベル:須貝あや
posted by zakuro at 17:45| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

す【須貝あや】

【須貝 あや】 すがい あや  →須貝 あや(一般漫画作品)

ハッピープレイ
ラベル:須貝あや
posted by zakuro at 17:40| Comment(0) | 作家別【さ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

あなたのためならどこまでも

【あなたのためならどこまでも】 全01巻  /中村 明日美子

・表題作。
一年追い続けた七海洋一を、南の果ての島で逮捕した、警視庁捜査二課の高千穂巧。しかしその島は週一のフェリーがライフラインの僻地で。七海は高千穂に迫り…ラブコメ。
番外編に「奈落何処絵巻」平安編。

・「マジカル執事」
執事の橡(つるはみ)は主人を亡くし存在意義の危機から、セールスマンにそれを乞う。

・「のんのん」「のんのんののち」「のんのんのん」
山田と石丸はツッコミとボケも絶妙な親友同士。その日も山田は振られて石丸に泣きつく。

一年追う犯罪ではないと思うけど、そこはファンタジーで。
「お前を逮捕する」は、私もきゅんときた。
山間の風神にお腹抱えた。

ほんとにすごいよ、緩急絶妙、楽しい。
絵の構図はいつにも増して自由で、この話の楽しさにリンク。ここらへんの計算も天才だと思う。

この作家さんには“自由”を感じるのだ。
思想も思考も拘泥してシャッフルして突き抜けた後の清々しさ、そんな自由。羽根が伸びる感じ。
これを愛と呼ばずしてなんと名付けよう、そこまで想う。
                         2010/4/20

《こんなふうにおススメ》
ういうい。オススメ。


ラベル:中村明日美子
posted by zakuro at 19:48| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

悪態シリーズ 02巻まで

【悪態シリーズ】 02巻まで  /富士山 ひょうた

01 悪態は吐息とまざりあう
02 悪態は腕の中でふたたび

1巻/
仕事に明け暮れた日々、荒れた部屋を改めて確認して夏目洸佑は、便利屋を雇って片付ける。
そのバイトに来ていた大学生の吉武冬時(とうじ)が二日後にやってきて、夏目を手錠で縛り付ける。傍においてくれるのなら、この手錠を外すと脅迫まがいに言うのだが。
夏目と冬時は契約書を交わし、夏目は冬時が家に通ってくるのを許す。

好きな作家さんだからこそ、ずっと読まずにいた作品。最近、そんなのばっかりだ。
手元に読めるものがあるからこその、余裕の幸せだよね。

まだこの作品は続くらしい。
夏目の元同僚の柏倉のこととか、まだ回収されていないのも多いので、これから楽しみ。
いつ、続きは出るのでしょうか? 

途中ダレたのだけど、秋沢蒼夜が出てきて、ちょっと緊張感はあった。キャラで埋め合わせるのは好きじゃないんだけど。

良いなーと思ったのは、年下攻めで熱く語っている作者の姿。
萌えがあまりない私としては、そういうのが羨ましい。

合鍵のキーワードはそんなに深くない気がする。
                         2009/3/14、6/10
《こんなふうにおススメ》
好きな作家さんの作品が長く続くのは楽しみ。

2巻/
冬時はどんどん洸佑との関係の線が曖昧になっていくのを感じて。
洸佑の暗い過去、それに巻き込まれる冬時。

猫を拾ったり、優しい感情が芽生えていく冬時の戸惑いが中心。
洸佑の過去の重みを知っても、それを正面から捉えようとし始める冬時の言動、そんなところから愛が積み重なっているのを感じる。
特徴があるわけじゃないけど、その空気感がこの作家さんの特徴といえるのかも。
                         2010/4/20


posted by zakuro at 13:40| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

きぐるみプラネット 01巻まで

【きぐるみプラネット】 01巻まで  /麻々原 絵里依

鳴海大輔はゲーム好きな、大学で考古学を学ぶ学生。教授は地底王国があると仮説を立てる変わり者。
大輔は書店で残りひとつの限定版を見つける。同時に手を伸ばした相手は着ぐるみで。
また再会したが彼の素顔はわからない。彼、アリタが告白するには自分は地底人だというのだ。地底王国の住人とのラブコメ。

かなりおバカ設定で楽しい。
「世界はまだまだ謎に満ちている」って、この設定が謎でびっくりだよっ!ってツッコミ入れた。

これはBLではなく「B級映画LOVE」らしい。
着ぐるみが可愛らしい。
読み始めの初期の頃なら呆れてただろうけど、もう慣れて素直に楽しめる。
でも話もちゃんとあって、まだ続く。恋愛になったらどうなるのか知りたい。
                         2010/4/20

《こんなふうにおススメ》
キュートなお話。


ラベル:麻々原絵里依
posted by zakuro at 01:09| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

WORK in

【WORK in(ワーキン)】 全01巻  /鈴木 ツタ

飯塚は、年下の上司の高瀬が苦手。それは好意があったから。
二人で飲みに行き、珍しく泥酔する。そこで高瀬に絡み。

後半は、バーで飯塚に声をかけた、大道具屋の湯原公治(こうじ)が主役。
夜中にふらふらしていた小学生のみちるを家まで送る。秋月家は父親と子一人のたばこ屋。父親の史郎は公治の好みど真ん中だった。

ひたすらに恋する気持ちを踏み出す怖さを描く。本気はいつだって怖いよね。
お化け話にわくわくするお父さんが可愛すぎる。
どっちの話も好きだなぁ。続く気がする。続かないだろうか?
                         2010/4/15

《こんなふうにおススメ》
恋する気持ちを考えたり、ほのぼのしたい時に。


ラベル:鈴木ツタ
posted by zakuro at 00:52| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

SWEET

【SWEET】 全01巻  /井ノ本 リカ子

短編集。
・「SHIT!」
つきあい始めの先輩と後輩。

・「しない しない」
上野は藤原を気遣うが。

・「したのあじ」
高校生のところにきた家庭教師。

・「にげられない」
生徒会長をレイプ、その後。

・「君ってやつは」電車の中で。

・「はなさない」「セックス フレンド」「The Summer」
幼馴染み同士の先輩たちは学校で人気があり目を惹く。矢川は部室を覗き見ている先輩の津田山に声をかける。親友の立川が中で男とセックスしていた。

・「Foolish!」
隣のクラスに転校してきた篠塚圭介を風紀委員の藤島は気に入らない。

ディープなエロいの描いたら、もうほんとすごい人だと思う。とくに擬音。
内容よりそればっかりなんだけど、どことなく滲み出るういういが人気の秘密。

とくにこれは評価が高い一冊。
内容もすごい。
ほんとに男同士のエロが好きなんだろうな。作家さんはみんなそうだけど、研究尽くしてる感じ。
                         2010/4/15

《こんなふうにおススメ》
エロさが大事な向きに。


ラベル:井ノ本リカ子
posted by zakuro at 21:20| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

ワンコ研修医のしつけ方

【ワンコ研修医のしつけ方】 全01巻  /亜麻野 なな

短編集。
・表題作。「クール指導医の落とし方」
峰総合病院の跡取りでもある峰に、研修医の日谷勇哉(ひたにゆうや)は犬のように懐いている。5年前に病院の庭で助けられてから恋していると言う。

・「先生いただきっ!」
小学校の教師神崎に懐いた俊平。先生と結婚すると言い張るので16歳にならないとダメと諭す。それから9年後、俊平は神崎のところに通う。

・「恋に変えてやる!」
コータは親友の由紀人に告白、OKしてもらえるが進展せずに焦る。

・「最強クライベイビィ」
幼稚園の時に越してしまった泣き虫な純は最強な美少年になって戻ってくる。建司は告白されて付き合うようになったが。

・「君のとなり」
昭人とトモはクラスメイトで恋人同士。昭人が隠すのでトモは嫌気が差す。

作家さんの初期の作品を読むのは楽しい。作家さんもういうい。
デビュー作も収録。

気楽に読めすぎて、すぐに忘れそう。
生徒の前で抱き合うのはやめましょう。
                          2010/4/15

《こんなふうにおススメ》
作家さんもういうい。


ラベル:亜麻野なな
posted by zakuro at 01:49| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

Life of Green

【Life of Green】 全01巻  /亜麻野 なな

短編集。
・表題作。「Life of Flower」
大学で植物学の研究中の土屋葉純(はずみ)は温室で暮らしていると思われている。久保広昭は高校時代に転校してきた葉純をずっと見ていた。
葉純が恋人に振られた半年前、広昭は彼を誘い、身体の関係が続いている。

・「渇望」
雄斗は自分をセフレ扱いする蓮を監禁する。

・「君さえいれば」
元は野良犬だったモカ。月夜になると獣人になり、明を襲う。

・「TAKU'S KITCHEN」
拓の店は取材お断りのとっておきの店。グルメ雑誌ライターの和貴(かずき)のお気に入り。

・「SPARE」
トップ営業マンの崇。失恋で幼馴染みの恵太の部屋で飲んだくれていると、戯れに女装して恵太が慰める。劇団でニューハーフを演じるという。その姿に崇は…。

作者の初コミックス。
モカ、犬姿の時と違いすぎで大笑いした。
絵も可愛らしい。
                         2010/4/15

《こんなふうにおススメ》
気楽に楽しめます。


ラベル:亜麻野なな
posted by zakuro at 19:55| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ【亜麻野なな】

【亜麻野 なな】 あまの なな

Life of Green
ワンコ研修医のしつけ方
ラベル:亜麻野なな
posted by zakuro at 19:50| Comment(0) | 作家別【あ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

櫻狩り (完) 全03巻

【櫻狩り】 (完) 全03巻  /渡瀬 悠宇

時代は大正。
田神正崇(たがみまさたか)は故郷の駿河の国で優秀だったが、第一次大戦後の恐慌で、郷で書いてもらった紹介状は無になる。
道中、馬車に轢かれそうになった女性を助け、その相手の侯爵家の長男、斎木蒼磨(さいきそうま)を知り、その家に奉公を頼み込む。
正崇は蒼磨に忠誠を誓うが、蒼磨は自分を殺してくれと言う。
同じ書生の寺島伸人(のぶひと)は、正崇に対して危機感を覚え、蒼磨に首にするよう頼み込むが……。狂った斎木家に正崇は飲み込まれていく。

flowers増刊「凜花」で連載。一般作品にすべきかうんと悩んだけど、「窮鼠はチーズの夢を見る」の、窮鼠シリーズはBL扱いにしたので、こちらに。
これほどの人気作家がこういう作品を描くだけで、敬意を憶える。

時代設定が古いので、あえて変形のコマ割をしていない。充分にダイナミックな演出ができるのに、それも避けている。
絵もこんなに変えられるものなんだなー。

台詞も旧仮名遣いで、世界観に合っている。「飽いた」という表現を使っていたり、和歌を巧みに取り込んだり、ひとつひとつが面白い。

重い話なのに、一気に引き込み他所を見させない手腕に感服。
内容は、同性愛ということよりもっと深くて、このあたりは最終巻まで読んでから語りたい。
今は続きが気になって仕方ない。
                         2009/8/16、8/23UP

《こんなふうにおススメ》
なんだかとってもすごい作品です。最後まで読んでから、感想を言いたい。
こちらにカテゴライズした理由が、性描写が激しいから。
こんな重い作品と同時期に、週刊少年サンデーで、ダイナミックな冒険ファンタジー連載できるのもすごい。

3巻/
蒼磨は正崇を守るため、医師の葛城を手にかける。弟の貢が倒れ実家に戻る。恩師に会い正崇は決意する。蒼磨と向き合い、斎木の闇に陽を当てる。

完結。すごい。実力のある作家さんの本気。すっかりファン。

何度もじっくり読み直したい作品。どんな言葉も軽くなる。
自分の存在が自己肯定できない、生まれ、育ち、生い立ちにトラウマのある人に読んでほしい。きっと救われる。私自身、心の深いところから深呼吸できた気がする。感謝。

なかなか感想まで辿り着けなかった。
「人間は人間の中でしか磨かれない」唸った。
いつかこの話のその後を読んでみたい。
                         2010/3/20


ラベル:渡瀬悠宇
posted by zakuro at 00:01| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

小悪魔のサンクチュアリ (完) 全02巻

【小悪魔のサンクチュアリ・寵愛-小悪魔のサンクチュアリ】 (完) 全02巻  /
                  桜井 りょう/(原作/伊郷ルウ)

8歳年上の兄多加志の大学院の友人加賀美隆仁(たけひと)に焦がれていた芹沢怜志(れいじ)。受験生だったが想い募り告白。付き合っているつもりだったが、こっぴどく振られてしまう。
それから10年。化粧品会社フェアリス・コーポレーションの転職初日、近くの大きなビルの建築現場で加賀美を見かける。まだ忘れられないと自覚してしまう。

「溺愛」は、怜志の会社の社長、宗形善臣(よしおみ)と付き合って二年のモデルの森脇ルチアーノ。
宗形が冷たくなっているとルチアーノは悩み、新しいブランドモデルの甲元に嫉妬する。


2巻は、
・「寵愛」
宗形善臣とルチアーノの出逢い。パーティーで宗形にスカウトされ、フェアリス・コーポレーションのブランド、パッシオーネのモデルになり、トップモデル入りしたルチアーノ。そして宗形から告白される。

・「秘恋」
1巻で当て馬になってしまったデザイナーの早乙女醍登(だいと)。新しく早乙女の担当になった芝崎皆実は、早乙女に恋してしまう。
ルチアーノに本気で失恋したと知り、嫉妬も含めて自分が慰めると挑発する。

・「響愛」
芹沢怜志と同じ企画部の星野彬良(あきら)は、公園で犬に懐かれる。飼い主の彫刻家の徳永祥吾と親しくなる。

小説家が原作に参加。
小説原作なら、それに合わせて描くので、世界観もそれぞれに膨らませやすいけど、漫画原作者と違って大変なんだろうな、こういうの。

宗形とルチアーノの話は感情移入出来て楽しい。
みんなホモ状態久しぶりに見た気がする。
                         2010/4/12

《こんな人におススメ》
シリーズものが好きな方に。



【文庫】

posted by zakuro at 00:33| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

恋火

【恋火】 全01巻  /桜井 りょう

・表題作。
小さなレストランを経営している石井彰に拾われた役者の卵の菅原幸太郎は、ただ今居候中。常連客の光浦がちょっかいを出し。

・「情炎」「月虹」
失恋で傷心の光浦良司、幸太郎の兄の真太郎に出逢う。美容師の真太郎に一目惚れする。

・「僕が一番欲しかったもの」
自他共に自信家の戸田。不自由がない分、欲しいものを探している。同僚の三井英典と親しくなるうちに。

・「Child's Play!」
サラリーマンの薫に懐いている翔太。身体は大人だが、中味は子ども。虐めから退行してしまったのだ。

タイトルはすごいけど、そんなにおどろじゃない。
双子だから、攻受で二度美味しいわけか。ありがちだけど、うん、納得。
歯の浮くシチュエーションと台詞が得意な作家さん。
                         2010/4/10

《こんなふうにおススメ》
ツッコミ入れながら、気楽に楽しめる。


ラベル:桜井りょう
posted by zakuro at 18:39| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

意地悪な唇

【意地悪な唇】 全01巻  /桜井 りょう

短編集。
・表題作。「無邪気な笑顔」
お隣の10歳年下で甘えっ子だった龍は、すっかり貴文の手に負えないほど大人になって。
龍のストーカーチックな貴文は、何人もの女性と付き合ってもダメで龍が好きなのを自覚している。龍に好きな人がいると知った貴文は。

・「言えない純情」
たまにセクハラしてくる小田を邪険にしてみせながら、実は好きな江角。

・「お隣サン」
隣人の日向は強面で、山田郁生は苦手に感じていたが、間違って配達されたハガキをきっかけに親しくなる。

・「束縛のカギ」
平尾と奈良は成り行きで身体を重ねたのだけど。

・「キスは蜜より甘く」
姉の同僚の佐々木大輔は、家に寄るたび、拓海に甘い菓子を持ってくる。

作者の初コミックス。
絵もキレイでそこそこエロくて気軽で楽しい。今風作品。

展開は安易。
でも別に構わない〜♪と思うくらいに広くなったなぁ、自分。
                         2010/4/05

《こんな人におススメ》
ストーリーはどうであれ、絵もエロイのもういういも、という方に。


ラベル:桜井りょう
posted by zakuro at 17:46| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さ【桜井りょう】

【桜井 りょう】 さくらい りょう

意地悪な唇
恋火
小悪魔のサンクチュアリシリーズ
 01 小悪魔のサンクチュアリ
 02 寵愛-小悪魔のサンクチュアリ
ラベル:桜井りょう
posted by zakuro at 17:41| Comment(0) | 作家別【さ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

嘘みたいな話ですが

【嘘みたいな話ですが】 全01巻  /腰乃

・表題作。
中村聡は先輩で男前な性格の北川圭一に一途でストーキング気味。毎晩酒瓶相手に告白のシミュレーションを繰り返しているヘタレ。
ところが意外にも北川は中村の視線に気づいていて。

・「意外性の発展」
ゲイの神原は、仕事の打ち上げで酔った先輩の荒巻を家に持ち帰る羽目に。

・「明けの明星」「暴露の夜」
小峰は同僚でノンケの島田に惚れている。残業の朝に…。

ねっとりじわじわな視線の作家さん。初コミックスは驚いた。
確かにそれはありそうだよな、と、日常のささやかなところからの話の展開の視点が新鮮。
エロくって甘々。ファンが多いのもわかる。
全体に面白く、オススメ。
表題も楽しいし、最後の話は初期の作品だけど、いい。
                         2010/4/05

《こんなふうにおススメ》
すでに作家買い。


ラベル:腰乃
posted by zakuro at 16:11| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

明日、となりには。

【明日、となりには。】 全01巻  /あおい ゆーむ

大崎椿は、11年間一緒だった幼馴染みの尾瀬和広に高校三年で告白。
共働きの両親の代わりに、妹と弟の面倒をみてきた和広は家事が得意で趣味でもある。そして服飾系を目指し外部の大学を受験する和広に椿が焦ったのだ。
和広は親友の位置だった椿の告白に揺れまくる。
和広のきょうだい愛も。弟和磨の番外編も。

・「ピクチャー・ラヴァーズ」
美術科の羽山零二に頼まれて絵のモデルをしている藤野アキラは、だんだんと羽山が気になる。

作者の初コミックス。広告で見かけて読みたくなる。
ぎこちなさはあるけど、爽やかで楽しい。絵も可愛らしい。

和広の悶々と悩む姿はかえって嬉しい。いきなりな展開、BLには多過ぎるよ。
ふたりの奮闘ぶりが微笑ましい。
ほのぼのういうい好きに。BL初心者にもオススメ。
                         2010/4/10

《こんなふうにおススメ》
ういうい。


ラベル:あおいゆーむ
posted by zakuro at 19:06| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ【あおいゆーむ】

【あおい ゆーむ】

明日、となりには。
ラベル:あおいゆーむ
posted by zakuro at 18:57| Comment(0) | 作家別【あ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

ひな菊

【ひな菊】 全01巻  /雁 須磨子

短編集。
・「はしろうか」
肩口一久に突然迫られ戸惑う青島。

・「巷に風の吹く如く」
青木明夫は人嫌いで人見知りの個人主義。唯一の友人名澄清隆に誘われて一緒に暮らし出す。名澄は漫画家で情緒不安定な男だった。

・「夜鷹蜂雀(よだかはちすずめ)」
故郷を捨てて二人暮らし。貧乏で食べるものもなく援交に出向く。

・「エンドレスサマー」
奔放で凶暴な性格故に出奔した兄の光一がつよしを訪ねて5年ぶりにやってくる。売春していた明雄を連れて。

・「ライジングアリゾナ」
鳴海は店長を殴って首になった日、子どもを驚かせてお漏らしさせる。そして巻き込まれながら天職をみつける話。

・表題作。
井田慎一に幼い頃に助けられて以来、ファンになった玖摩(くま)。年頃になって慎一はやたらと赤井をいじめる。それを玖摩は気にする。番外編も。

1999年。
詩を詠んでいるみたいだ。
この人間関係を浮き彫りにさせるところ、独特の個性で好きだなー。私には一切出てこない発想。そこがツボ過ぎ。
優しい気持ちになれる。
                         2010/4/08

《こんなふうにおススメ》
少し視点の違うものを詠みたい時に。

こちらは【新装版】

ラベル:雁須磨子
posted by zakuro at 22:47| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

いつか雨が降るように

【いつか雨が降るように】 全01巻  /国枝 彩香

・表題作。
ヤクザな真木匡一は家の前で少年を拾う。記憶を失くした少年との生活。

・「不定周期」「確率変動」
津田の家に、腐れ縁だが大して仲も良くなかった仁見尚之(ひとみなおゆき)が訪ねてきて、独身が終わるから飲もうと言う。

・「水鏡」
大学生の早瀬大介は同級生の深水昇(しょう)に恋をしている。昇から借りた本から写真が出てきて、幼い双子の姿。弟の深水流(りゅう)との写真だった。

・「秘密と嘘」
佐々木優介は抱えていた過去から片桐豪に近づく。

・「ひとつのふとん」
弱虫泣き虫の兄洋一と、しっかり者の弟俊二。ふたりの距離。

・「呪」
夏時間」の続編のショート。

2つめの不思議な話が好き、良かった。
これもじわじわきた作品集。
                         2010/4/05

《こんな人におススメ》
じんわり、暗めなのがお好きな方に。


ラベル:国枝彩香
posted by zakuro at 17:17| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

番人

【番人】 全01巻  /国枝 彩香

短編集。
・表題作。
斎原胤彦(さいばらかずひこ)とアルビノとして生まれた弟の霞、彼を守って別荘で暮らす加納の愛憎。

・「Show Me Heaven」
突然すっぽかされ、花束を抱えたまま途方に暮れていた男に、軽薄そうな水商売の青年が声をかけて始まる物語。

・「空の裏側」
五十嵐保は同姓でお世話になっていた陸上部の先輩揚介の葬儀に出る。そしてもうひとりの先輩野宮聖(さとし)と再会する。三人の過去とは。

・「めぐり逢い…COSMO」
ギャグ漫画。地球連邦と独立軍の戦いが悪化。ドンタコス艦のコールタール艦長と、敵軍の少佐、捕虜になったアレックスの禁断の……。

表題作は淡々と描かれるが故にその情念が激しく浮かぶ。
二話目は続きも読みたいなぁ。とびっきり甘々なやつを。
それにしても秀逸で粒ぞろいな作品集。
ラストのコメディ、えぐさに笑った。この作者さん目当てで雑誌買った人、びっくりしただろうなー。
この一冊の読み応えはなんとも。やられた。
                         2010/4/04

《こんなふうにおススメ》
かなり楽しめる作品集。


ラベル:国枝彩香
posted by zakuro at 14:32| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

ため息の温度

【ため息の温度】 全01巻  /国枝 彩香

短編集。
・表題作。
高校生の純は、優等生の兄亮と比べられ続けてうんざりしていた。親たちがつける家庭教師も追い出して。兄の友人の佐伯佑也は自分を気遣ってくれた初めての相手で惚れ込む。しかし佑也は亮に気持ちがある。純は佑也を脅迫して抱く。

・「BLIND」「DISTANCE」「BORDER」
大学生の森川慎也が秋本芳広とカラダの関係になったのは、彼女に振られてどしゃぶりの中に濡れていたところに声をかけられたから。27歳で美容師をしていることは聞いたが、それ以外は心を開いてくれない。

・「ボクたちの卒業」
女ばかりの環境だったのに受かった高校は男子校の梅林は、可愛らしい天使のような松原圭太に出逢って一目惚れ。しかし、圭太の幼馴染みの竹芝悠介に阻まれてばかりで、いよいよ卒業間近になる。

2つめの話はじーんとした。三部作。かなり好き。うーむ、幸せ。
松竹梅コメディも楽しかった。
                         2010/4/04

《こんなふうにおススメ》
予想内の展開を超えてくれるのは楽しいです。


ラベル:国枝彩香
posted by zakuro at 00:45| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

未来の記憶シリーズ(完) 全02巻

【未来の記憶シリーズ】 全02巻  /国枝 彩香

01 未来の記憶
・表題作。「心の糸」
熊谷健人(けんと)25歳。プロポーズして振られた日、色っぽい男と出会い、そのまま身体を重ねてしまう。翌日職場の高校で自分を振った保険医の春日ゆきえに無視され……美術教師として着任してきた香月瑛(あきら)はその一夜の相手だった。
次の話は一年後の瑛視点。

・「冬のうさぎ」
親に捨てられた実は伯父に引き取られ、柊一とは兄弟のようにして育つ。東京の大学に進学した柊一は二年近くぶりに、母から乞われて地元に帰る。

ああー、やっぱりこの作家さん、良いですね、面白さが違う。読み応えあり。
健人は化学教師。性格的には体育教師が似合いそう。
どちらの話も大好き。
後書きに爆笑。

02 風の行方
熊谷健人と香月瑛のその後のエピソード。結婚に至るまで。

読んでいて楽なのは、ストーリーに余裕があるから。状況が豊かに想像できるって素晴らしい。世界観の構築なんだなー。
じじばば、最高。
                         2010/4/04

熟年編の番外編は、新装版に。瑛が見た夢のデジャブ。

《こんなふうにおススメ》
今市子さんや山田ユギさんに通じる安心感のある作家さん。楽しすぎます。



【新装版】

ラベル:国枝彩香
posted by zakuro at 21:20| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

好きなんて言わないっ!

【好きなんて言わないっ!】 全01巻  /宮沢 ゆら

ラブコメ。たったひとりの身内である祖母の手術代を支払うため、主治医の沢木隆宏の家政夫を二ヶ月間の約束で引き受けた尾瀬悠(はるか)。病院でのキリッとした隆宏と、家でのギャップの中、振り回されていく。

あー、この作家さん、嫌いじゃない。ツッコミどころ満載なんだけど、ここは許せないのよという部分がないんだな。ダメツボぐりぐりがない。それって貴重。
この作品の台詞はワンパターンなもので少し萎えた。
                        2010/4/04

《こんなふうにおススメ》
かわいらしいお話。


ラベル:宮沢ゆら
posted by zakuro at 18:41| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

恋愛症候群

【恋愛症候群(ラブシンドローム)】 全01巻  /宮沢 ゆら

短編集。
・「始まりはいつも突然に」
芹沢は水漏れ被害で、高校からの友人篠田学の家に居候を頼み込む。篠田はベンチャー起業で成功しながら、大学生と両立している優秀な男だった。同居に出された条件は。

・「Be Happy」
入寮した佐藤涼(すずむ)は先輩の西山林里(りんり)と同室になる。可愛い系の林里は生活能力のない甘えん坊だった。

・「ヤクソクのソクバク」
一馬は日下部律を幼稚園から好き。でも律は友だち以上に思ってくれない。ペンションのバイトをする律を追いかけて。

・「かわらぬ想い、かわらぬ願い」
仲の良いちひろと幸人の義兄弟は、両親の離婚で離ればなれに。海外で暮らしていた幸人が帰ってきて、一緒に暮らすことになる。

読んだそばから忘れてく。でもそれが良かったりする。
何も考えたくない時には楽なんだなー。BLの需要、納得。
                         2010/4/03

《こんなふうにおススメ》
らく〜。


ラベル:宮沢ゆら
posted by zakuro at 18:08| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

それはやっぱり恋のせい!?

【それはやっぱり恋のせい!?】 全01巻  /宮沢 ゆら

リレー式作品。

・表題作。
スポーツ名門校の岩城西高校。柔道で推薦入学した平は、見た目は可愛らしい男子。入学早々に部の先輩、久世原基に怪我を負わせてしまう。責任を取って付き合え(交際の意味で)と言われるが、怪我の責任と勘違いし。

・「それもやっぱり愛のせい!?」
基の従兄弟、双葉伊吹が平に迫る?

・「それもやっぱり恋のため!?」
平と基のラブラブ。

・「それもやっぱり愛のため!?」
幼馴染みで世話係の川内一臣と、伊吹。

黒猫可愛い。
不思議な制服。
なんも考えずに楽しめる。
平って苗字? 名前だよねえ?
                         2010/4/01

《こんなふうにおススメ》
軽い作品の意味がわかってきたこの頃。何も考えさせないことの必要性。


ラベル:宮沢ゆら
posted by zakuro at 17:16| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

スウィーティッシュ・ハピネス

【スウィーティッシュ・ハピネス】 全01巻  /宮沢 ゆら

・「声に触れたい」「声の届く距離」
高三の坂上敦志にかかってきた間違い電話。相良要と名乗るその声に惹かれて電話する仲になる。敦志は大人に見られたくて歳とプロフィールを偽るが。会いたいけれどそれを隠してお互いに気持ちを募らせる。偶然にも要を気にしていたのは、兄の卓も、だった。
次の話はコメディチック。

・表題作。
敦志の親友、渡辺麻衣人。文化祭で一目惚れした敦志の兄卓への思いは通じるのか。

作者2冊目のコミックス。
きゃー。最初の話はいきなり修羅場でどきどき。ありそうなのにこの設定。
この作品に限らず、枚数制限で仕方ないのだろうけど、気持ちがわかったらすぐにっていうのはもったいないと思う。
オチはちょっとびっくり。ブラコンものお好きな方に。
                         2010/4/01

《こんなふうにおススメ》
読みやすいし、面白いです。


ラベル:宮沢ゆら
posted by zakuro at 19:38| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

無口な恋の伝え方 (完) 全02巻

【無口な恋の伝え方】 全02巻  /大和 名瀬

デキる男の育て方」のスピンオフ。
和葉を引き抜こうとしたライバル会社のオーナー畠山が、シェフの山咲希(のぞみ)を育て、ずっと彼に恋していた模様を描く。
そして現在、猛烈なアタックをかけているのだが、相変わらずツレなくて。

この作家さんを初めて読んだ作品のスピンオフなので、楽しかった。
最近のBLってすぐに結ばれちゃうんだけど、これはじれじれしててそれも面白い。少女漫画みたい。
続巻もあるそうです。

一言……ここまで料理が出来ない(センスがない)のは、シェフにはなれません。
                         2008/11/23

2巻/
畠山慎一と山咲希が恋人同士になってからの奮闘記。

慎一目線で描かれて、山咲の天然ぶりを愛でる本。
上手いー。この作家さんの独特なズレ感から笑いに持ってくるところなど、良いところが出まくっている作品。萌えどころのバランス良いし。
この作者さんの作品で一番好きかも。
                         2010/3/30

《こんなふうにおススメ》
今はクールな希のドジっ子ぶりを楽しむ作品。


ラベル:大和名瀬
posted by zakuro at 11:57| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。