2008年07月18日

スクランブル☆ゲーム

【スクランブル☆ゲーム】 全01巻  /かんべ あきら

短篇集。
・表題は、経済学部の大学生の鈴原潤。青山教授に憧れている。
その教授に名前を覚えられて有頂天になっていると、同級生の森口にからかわれる。
誰が、誰もを相手にしない教授を落とせるか、賭けをしていると言うのだ。売り言葉に買い言葉で潤もゲームに参加することになってしまう。
・山で迷っているところに現れた青年。地主の息子で縁談をさせられる直前だったという。恋人のふりをしてあげているうちに気持ちが傾いていく。

ベタなんだけどきゅーんとさせるのがうまい作家。心情の運びがうまいんだろう。傾向は乙女なんだけど。面白く読める。
                         2008/5/01



ラベル:かんべあきら
posted by zakuro at 02:52| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。