2008年07月18日

ビタースイートカフェ

【ビタースイートカフェ】 全01巻  /かんべ あきら

雨の日、本田雄二は桂木恵に拾われる。
そのまま泊めてもらって起きると、バターの焦げた匂いがし、恵はとても不器用で食べ物とは思えないホットケーキと格闘中だった。雄二は見事に焼いてみせ、そのまま恵が経営する喫茶店で働くことになって。実は彼は有名店のパティシエだったのだ。

話もまとまっていて楽しかった。うまいよな。ちょっと設定が甘いのはこの作者の持ち味?
ちなみに、この恵、『ラブ オア プライド』の子どもが成長した姿なので、そちらも合わせて読むと楽しいかも。
                         2008/5/02

《こんなふうにおススメ》甘いお話(笑)。空腹時にはお勧めできません。



ラベル:かんべあきら
posted by zakuro at 02:55| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。