2008年07月18日

ブラインド・ラブ 01巻まで

【ブラインド・ラブ】 01巻まで  /かんべ あきら

ラブ オア プライド』の続編。それを読んでいないとわからない。

大樹の従兄弟の相模邦栄と、灰原奨の話。
一緒に育ってきた親分肌の大樹に対して忠誠を誓ってきたが、ずっと奨は一匹狼の邦栄に惹かれていた。その二人が関係を持って、その後の話まで。
『ラブ オア プライド』のスピンオフなんだけど、同じ場面を別視点で描いている。

『ラブ オア プライド』では、大樹が組を畳むことを奨がどのように承服していたのか、あまり描かれずじまいでそれが消化不良だったけど、こちらでフォローしている。
でも、伏線がひとつの作品で回収されないで、他の作品にまたがることがBLにはよくあって、それはなしにしようよって気持ちは、よく感じる。
つまりそれは、ページ数の都合で割愛されたり、連載などの敷居が高くて、作家にはそれをコントロールできる立場が確立されていないってことなのかもしれない。力量のない人もいるんだけど、もっと自由に描ける環境って大事。 
                         2008/7/18



ラベル:かんべあきら
posted by zakuro at 03:12| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。