2011年01月22日

是 -ZE- 10巻まで 

【是 -ZE-】 10巻まで  /志水 ゆき

代々、不思議な血を引く三刀家。そこには、言葉を使って人を貶める言霊師と、彼らの負う禍事を引き受け支える紙様と呼ばれる人型の人形がいた。
同性同士でないと言霊師と紙様は組むことが出来ず、幸せな関係もあれば、悲惨な運命を辿る者もいる。彼らをめぐる物語。

BLにありがちな様々な縛りを、設定で超えてしまった。これが秀逸なので、どんなBL要素も飲み込めるのがすごい。ムリがない。
BLのためにあるような設定なのだ。もちろんツッコミどころはあるけれど。
もともとが離れられない存在としてお互いがあるので、物語を構成する上での難関を一気に飛び越えられる。正しい手法だと感心。
エロイんだけど、グロじゃないし、うまい。
ちょっとした小道具にも嘘がなく、話も面白いし、オススメできる。好きです。すっかりはまった。
                         2007/10

《こんな人におススメ》
BL作品の代表といわれるものを読みたい人に。
《こんなふうにおススメ》
あらゆる角度で楽しめるはず。話、面白いですもん。

UP追記>
これを読んだ頃って、まだBLってものをよくわかってなかった読みはじめの時期。
やっぱり描写はすごいから、最初はテレがあるし、なかなか進まなかったんですよね。
私には、このセカイ、ダメだっ!って思って……。
だけど、おお! と、思ったのは、背景や描写の上手さでした。
三刀家の言霊師、銀香の着物姿。まさに完璧!
古くからの名家で、着物を着慣れていればなおのこと、ちょっとしたことがポイントになったりする。
絵なのでわかりませんが、たぶん紬は大島だと思う。それを染めの名古屋帯できりりと締め、冠(ゆるぎ)組の帯締で結んでいる。
その染めの部分、ちょっとずらし気味なんですよね、ここは唸った。
とっても洗練された粋な着付けだ、と。(西の人は文句をつけるかも、だけど)
東の着方で、この家の歴史さえ透けて見える。文化としては柔軟で破天荒。つまり愛人を作ったり、よそでの子どもも出てくるのも、なるほどなあーって思える。
他にも、金具とかいろんなところ、手を抜いてない。
そういう作家、好きです。
同じような意味合いでは、草間さかえさん、注目です。
                         2008/07/24

7巻/
近衛と琴葉の話。三刀家当主の力を持つが、それをコントロール出来ない幼い琴葉は、皆から忘れ去られるように奥の間でひっそりと育っていた。亡母の紙様が母代わりだったがそれも白紙に戻り、近衛が琴葉の面倒をみることになる。

面白い。今まで謎だった核心に近づきつつある?
力一の立ち位置がわかった。近衛は阿沙利とともに三人の紙のひとりだったんだ。
BLって、年に一冊ペースで辛い。8巻は来年の夏に刊行。
                         2008/11/20、11/24UP

8巻/
思春期を迎えた琴葉は近衛を意識するようになるが、その想いを近衛に封印される。
琴葉が当主となる日がくる。
お披露目の席で使った言霊で、近衛の手足が引き千切れるのを見て、ショックのあまり琴葉は暴走。
言霊を使えば近衛を傷つける、使わなければ近衛は白紙に戻される。選択を迫られた琴葉は言葉を自分に向ける。その琴葉を蘇生させるため、近衛は必死になる。

洋館が復旧、みなで大晦日を迎えた和気藹々(?)。
その夜の雷蔵と紺、そして彰伊は阿沙利に“二世の契り”を誓うが……。

三回読んで泣いた。
近衛と琴葉編はこれで解決。
このふたりにもやられたが、9巻に続く彰伊と阿沙利編の序章(結果?)がきて、大ショック。
まあ、みんな、「いつかくる。きっとくるぞ」とは思ってたんですが。阿沙利ファン(多いはず)としては暴れたくなる。

大晦日を皆で賑やかに過ごす話、良かったなー。和んだ。

それにしても、やっぱりこの作品は面白すぎる。
次巻は来年春ですってよ、奥様。
カラダを大事に、事故にも遭わないよう、物語が完結するまで見届けられるよう、長生きしたいぞ。                    
                         2009/8/30、9/01UP

9巻/
阿沙利が白紙に…。彰伊は兼ねてからその日を予測して準備を重ねていた。
阿沙利が彰伊を憎む理由とは。

ちょくちょくこの二人は描かれていたので一冊のみ。
思ったより緊張感もなく、知っている部分が多いのも残念だけど。
良かったね!ということにしたい。
                         2010/4/30、UPも。

10巻/
和紀と力一の出会い。和紀の過去。そして力一との約束で紙様を作った和紀。最初に生まれたのが阿沙利。白波瀬、近衛。そして真鉄(まがね)。
玄間と氷見の描き下ろしも。

まさか和紀が修験者だったとは。このタイトルは、力一と和紀の約束だった。紙様の歴史はもっと古いのかと思ってた。
それにしても獣かぁ〜。
次巻で完結。たまに連載も追ったけど、今は読んでない。人と紙が心通わせるようになったところ、じっくり描いてほしいなー。
                         2011/1/10

【コミックセット】


【コミックス】

ラベル:志水ゆき
posted by zakuro at 00:00| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。