2008年07月26日

最後の肖像

【最後の肖像】 全01巻  /本間 アキラ

短篇集。
・大和は、会社経営のワンマンな父親に絵筆を折らせられる。傷心で雨の中飛び出した先に、スケッチブックを拾ってくれた男性がいた。大学を卒業し親の会社に入社、上司の坂口が気になるが、彼は姉の婚約者で。
・FBI勤務になって半年、アカデミーでもぎりぎりの成績だったが、雑用ばかりを押し付けられるナルミ。そこにIQ200の天才元FBI捜査官のキース・コバーン死刑囚の見張りを任命される。ナルミにはキースが犯罪を犯したようにはどうしてもみえない。

友だちのeさんのおススメ作家。やっと読めた。
絵がとても上手い。萩尾望都系の絵。でも、絵で保っている感じがあってそれが少し残念。
設備関係の仕事の会話がとてもリアル。
最初の話は、まさか全部捨てちゃうなんて……、それって勇気と安易の表裏一体。それだけの恋ってことなんだろうけど。
FBIの話は面白い。続きを読みたい。連載にして冊数を増やしてくれればいいのに。
名前はキース・リチャーズに、カート・コバーンってこと?
                         2008/7/14

《こんな人におススメ》美しい絵を楽しみたい人、じっくり作品に向かいたい人に。



ラベル:本間アキラ
posted by zakuro at 15:30| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。