2008年08月05日

35度の恋愛熱

【35度の恋愛熱】 全01巻  /高井戸 あけみ

本田は同じ薬局の薬剤師の須藤に恋しているが彼はストレート。
その須藤が事故で三ヶ月入院することになり、代わりに短期で雇った男の佐橋は、自分にちょっかいを出してくる。
須藤からも告白されて、ふたりの間を優柔不断に悩みまくるが。

どっちからも好かれちゃって嬉しい、ハッピー! みたいな能天気な展開ではなく、当たり前のように起きる葛藤を描いていて共感する。
これは面白かった。
病気オタクのキャラがとくに最高。
このゆるい感じも、この作家ならでは、なんだよな。
                         2008/3/16

《こんなふうにおススメ》
高井戸あけみさんは、ファンタジーBLが一気にすっ飛ばしちゃう葛藤や心情を、ゆるゆる書いてくれて共感が持てます。「そうだよね、そんなふうに悩むよね」と思うわけです。もちろん、現実に直面している人たちからは、ぶっとばされるかもだけど、やっぱ、そういうのは無視したくないなと。

ラベル:高井戸あけみ
posted by zakuro at 02:57| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。