2008年08月10日

美味いもん食わせろ! 全02巻

【美味いもん食わせろ!】『新・美味いもん食わせろ!』 全02巻  /新田 祐克

吉野弥栄(やさか)はどんなに頑張っても料理専門学校で一番にはなれなかった。同級生に、尊敬し憧れるほどの腕を持つ八重正徳がいたからだ。
クラスメイトでなければ素直に憧れる気持ちを持てたのに、しかも意地悪までされていて。
卒業後、知らずに就職した先はなんと正徳の実家の老舗料亭だった。正徳はそこで7歳から修行をしていたのだった。
実家を飛び出しフレンチに邁進する正徳と、日本料理を積み上げていく弥栄の夢と恋愛物語。

一巻の短篇。
・女好きで遊び好きの滉。高校時代の親友の悠一だけはそんな滉を叱ってくれた。歳月は経ち出張ホストをする悠一に、気になる名前の女が客につく。それは悠一の妻だった。

二巻の短篇は『僕の声』。保坂たちの深い付き合いになるきっかけの話で、本編にも収録されているもの。こっちが先に描かれていたんだ。納得。

弥栄と八重。どちらもヤエ。イヤサカでもあり、日本的にはめでたい名前。
皿のエピソードは面白いけどわかりにくい。この作者らしいと言ったらそうなんだけど。
正徳がキレイに食べた跡に感動。そういうところ丁寧に描く人。
後書きに「新田は調理師の免許を取ったのか」というファンの思い込みをジョークにしてあったけど、そんな話が出るのもわかる気がする。面白かった。
この作家さんには頭が下がる。社会派ものを描いてほしい。BLじゃなくて。実力あるよなあ。
                         2008/5/04

《こんなふうにおススメ》
食べるのも作るのも好きなので、とても楽しかったです。
ちょっとしたコネタが嬉しいんだよね〜〜。


ラベル:新田祐克
posted by zakuro at 00:15| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。