2008年08月11日

化学室へどうぞシリーズ 全03巻

【化学室へどうぞシリーズ】 全03巻  /本庄 りえ
01 化学室へどうぞ
02 続・化学室へどうぞ
03 化学室へどうぞ・未来版

過去のある教師の芝浦と、科学部員の生徒、浩祐との恋。
スピンオフで浩祐の兄、朱利と同級生の小林の話も。
未来編は、浩祐が社会人になって芝浦を追っていく話。

1巻の短篇
・「王様のレンズ」 写真に惚れた相手、純人にヌードモデルを懇願される猛。
・「重罪」 シリアスな話。竜也は、父の自殺によってその原因になった叔父の紳一郎を憎んでいる。
・「僕は悪魔に恋をする」 オタク風なクラスでは浮いている禅太にまといつくクラスメイト日々野のコメディ。

2巻は、
・「ラストレター」 シリアス。諒也は田舎で残してきた想い出と想い人の渥弥。彼からの手紙を開けず、20年ぶりに開けた。

侮っていました。好きな絵、好きなタイプです。
無理して笑わせるんじゃなくて、何気ないセンスがいい。話としては、面白いと言えるまではもう少し。こんな終わり方で良いのか? とは思う。
楽しく読ませるコメディタッチがいきなりディープになってしまって、これは賛否両論だろう。いきなり、な話は、短篇仕様だったから?
最近はページ数の問題なのか? などと余計なことも考えるようになってしまった。
                         2008/3/9

《こんな人におススメ》
キレイな男の子たちなんだけど、女性線ではなく……。私はすごく好きな絵です。



ラベル:本庄りえ
posted by zakuro at 00:05| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。