2008年08月14日

甘いよ毎夜

【甘いよ毎夜】 全01巻  /本庄 りえ

短篇集。
・表題作。好きな友だちの河口孔がタレントになって手の届かない場所にいく。雅梁は公園で男を捉まえて詰られることで生きている存在感を感じている。スピンオフが『 未完成なカラダ 』に収録。
・「ループ」 和弥は一人になることよりも、叔父の豊を受け入れる苦痛と恐怖を選んだ幼い日。10年ぶりに会い、一緒に暮らすことになったが、彼の人はとても小さく見えて。復讐なのか、愛なのか。
・「狂わせたいの」 保険医に治療してもらってその目線に気づいた時から、筒美はジュンヤのご主人様になった。
・「彼の失敗学」 レンタルビデオ店の店長をしているしがない中年男の志信。同じアパートに住んでいる大学生で美青年の鉄と肉体関係になって幸福だが、自分の存在が彼から未来を奪うと悩む。
・「眼差しに堕ちる」 画家の久保に絵のモデルを頼まれた新人モデルの千明。縄で縛られそのまま犯される。
・「甘いセイシュン」 ずっと好きだった隣に住んでいた兄代わりの航平が、用事で帰省。3年ぶりに会う。ずっと男に興味のあった阿友は、その経験を彼と試したくて。
・「ライフ・イズ・ビューティフル」 歳の離れた従兄弟とのSMもの。
・「その理由を」 梓はイライラしていつもクラスメイトの原田を抱いていた。原田が転校してしまうことに気づいて初めて自分の気持ちに気づく。もう一本「伝えてよ」はその彼が春休みで会いに来た話。この続きは『 未完成なカラダ 』に。

これは作者のエロバージョンの作品。
ストーリーものと、ただただ刺激的な作品とを分けて描いているのだろうか? 
この本は珍しくやるせない話が多い。陵辱ものとか。かなりやりすぎ。好きな人は大好きだと思う。絵がキレイだからすごいギャップ。
「SMの基本はセックスではなく、お互いの主従関係を楽しむことだ」なんだか感心。そうなのか?
それにしても緊縛は、とても素人の縛りじゃない(笑)。
                         2008/3/20

《こんな人におススメ》
本庄作品で過激な方が好きな方は是非。



ラベル:本庄りえ
posted by zakuro at 00:00| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。