2008年08月23日

最果ての君へ

【最果ての君へ】 全01巻  /みなみ 遥

両親を亡くし兄弟で遠縁に引き取られた陵。弟である陵は同じ歳のそこの息子の晄人と親友になる。
居候という身で気を遣いながらも、そこで幸せに育っていた。いつの間にか芽生えた晄人への恋心を自覚しながら高校生に。
しかしある日、信頼している兄の、晄人の父でそこの主人との情事をみつけてしまって、兄が生活のために生きていく手段として苦しんでいたことを知る。弟の陵に知られ、兄は自殺未遂を。陵は大事な兄を助けるため、好きだった親友晄人の奴隷となる。

みなみ遥の中では、シリアスだけど、これが一番好きかも。
まとまっているし、作家が描きたいシーンに無理がないんだと思う。
                         2008/01

《こんなふうにおススメ》
この作家さん、絵がとびきり可愛らしい。でも、個人的には男性体型からかけ離れているのは好きじゃないので、どこか一歩離れて見ちゃう。なので、評価は好み的に辛口になりますが、差し引いて読んでいただけると幸い。人気作家さんです。
エロいのは好きだけどリアルは嫌! って方にはおススメの作家です。


posted by zakuro at 00:01| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。