2008年08月26日

3軒隣の遠い人

【3軒隣の遠い人】 全01巻  /鈴木 ツタ

中学三年の光也は、三つ違いの兄の同級生で親友の三軒隣に住む昇に惚れている。
しかし昇はスーパーエリートの兄の利光が好き。思いあまって押し倒してキスを迫ってから気まずくなり、10年の歳月が流れる。
サラリーマンの転勤で都会に移り住んだ光也の、偶然、三軒隣に、昇が住んでいた。

短篇は、「海の上で見る夢」 
推理小説家の南雲が旅先で出会った海の上を歩く少年との心の通い合い。

くやしい、まじで続きが読みたい。やられた。うまい。
後書きにふいた。どうしてもやりたいんだ、中年受け。笑う。
短篇も余韻が残って良かった。
                         2008/4/10

《こんなふうにおススメ》
面白くて、この作家さんの作品、一気に読んだ記憶があります。
これも好きだったなぁ。



ラベル:鈴木ツタ
posted by zakuro at 00:30| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。