2008年09月12日

育生&国立シリーズ 03巻

【育生&国立シリーズ】 03巻  /穂波 ゆきね(原作/菜槻さあり)

01 ビーナスKISS!!
02 フラワーコーポレーション
03 2.14事件

01 ビーナスKISS!!

エスカレーター式お金持ち坊ちゃん学校に進学した佐藤育生は、ひたすらそこでバスケットをしたかったから。なんとか入れた同じバスケ部の国立周一に憧れている。自分にはないものを先輩は持っていて。
自分が小柄で男子校の中では美人扱いされているのも育生は気に入らなかった。三美のひとりであるクラスメイトの根本桂、国立の幼馴染みの生徒会長岡野らを巻き込んでの学園騒動。

いきなり育生が、国立に強姦されたところから始まる。タイトルからタクミくんシリーズみたいなのを想像してたのでかなりびっくり。
育生目線でツンデレなのを描くとこうなるのか。
ペースに乗るまで時間がかかった。小説で面白いのと、コミックスで面白いのはまったく違うんじゃないか。それがようやくわかった。

02 フラワーコーポレーション

みんなで、岡野の親戚の花屋さんでバイトと幽霊退治の話。
95年の作品だからかなあ。これを少女漫画とみればもたついた感も軽減するのか?
でも2巻目からは若干軽減。タクミくんぽくなってきた。でも、タクミくんの方が面白いかも。ごとうしのぶさんの力を感じる。
最初からこの路線で、じわじわと育生と国立に焦点をあてれば良いのに。このふたりが主役なのだろうけど、性格設定も心情も浮かび上がってこなくてつまらない。
でも「北海道第二帝国」の話は大ウケした。

03 2.14事件

バレンタインが絡んで、国立ファンの卓理(たくのり)に襲われる育生。

育生と国立のふたりの関係性がちゃんと成立していないから面白くないんだと思う。
憎からず思っているんだろうけど発展はしないし、身体の関係も遊びなのか、ただの習慣なのかもわからない。
立ち位置が微妙な割に、普通に学園ドラマをやっていて据わりが悪いというか。
それと二回もレイプされて良し、なのはどうなんだろう。後味悪い。
卓理を主眼にして語るストーリーの前に、主役らふたりをどうにかしろという……。

                         2008/6/22

《こんなふうにおススメ》
言いたいこと言ってすみません……。シリーズもの、好きなんで期待料です。



posted by zakuro at 17:07| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。