2008年09月14日

初期作品集 兎の城

【初期作品集 兎の城】 全01巻  /初田 しうこ

短篇集。
・表題作。孤児院で育ったふたり。純平は章吾を憎んでいて。その純平が引き取られた先に、章吾も引き取られることになった。しかしそれには理由があった。
・「さよなら僕のドルフィン」 親友同士できた佐倉と裕也。それぞれの片親が駆け落ちしてしまう。離婚した親について離ればなれになる。
・「トラブルツイン 秘密の僕ら」 茂と大(まさる)は一卵性の双生児。感じる瞬間も一緒でシンクロしてしまう。それが何かとトラブルになる。

うまい。これが初期の作品なら、他の作家と圧倒的に力が違いすぎる。
絵も、見せ方も、コマ割りも、ストーリーも上出来。話は最初の表題作がうまい。
もちろん、これが長年のプロだとツッコミどころもあるのだが、まだデビューしたてならすごいと思った。
うーん、ファンが多いのもうなづけた。
                         2008/2/16

《こんなふうにおススメ》
BL界では人気の作家さん。なかなか手を出さなかったのですが、読んでみるとやっぱりうまい。



posted by zakuro at 15:37| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。