2008年09月15日

花組任侠伝(完) 全03巻

【花組任侠伝】 全03巻  /初田 しうこ

ヤクザもの。
一無良(いちむら)葵は、ギャンブル好きの祖父の遺言で組に入る。祖父は「男はハッタリだ」が口癖。
葵も、そのハッタリがツキ(?)を呼んでしまい、偶然にも四代目を助けたお陰で早々杯を受け取って。
そして出所してきた先代に可愛がられていた若頭、崎也雄二の舎弟になる。崎也には早々にそのハッタリがバレるが、それを可愛い舎弟だと思われるきっかけになる。
崎也の同期で戦友の烏丸ちひろ、そのちひろを慕う小沢準紀らも絡む。

短篇も。
・「聖書・1995」 宇佐元公平は女子高生の三咲に勝手につきまとう。三咲を救おうと思い込み、サラリーマンの千秋と取引する。
・「クレイジーフルーツ症候群」 隆史は優等生を気取る高校生。豊にナンパされてそのまま関係を結ぶ。バイトと偽りお金やモノをせびる日々。それをニヒルに気取っていたが空しくて。
・「真夏の共犯者」 夏休み、家に帰れない理由がある。太田と加藤は残った寮で共犯者になる。

面白い。普通に面白い。
女子高生につきまとう短篇すらも、この発想はなかった。
他の漫画家の力不足が目に見える感じ。人物画もうまい。

準紀が切ない。BLとかどうでもいいって感じ。
崎也をあっさり描きすぎた。葵との関係は元々ふたりともストレートなのだから、設定上は無理がある。そのあたりはもっと踏み込んでも良かった。
                         2008/5/25

《こんなふうにおススメ》
古い作品なので、今読むとツッコミどころはあるんですが、それでも面白いです。

UP追記>
上記の3冊はもう絶版らしく、今発売されているのが、これ↓。
ちなみに、短編の収録は、別な作品になっているみたいです。


posted by zakuro at 20:52| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。