2009年01月04日

荊の檻 シリーズ

【荊の檻】【荊の檻〜箱庭の中の自由】 全02巻  /桜川 園子

荊の檻/
「花もあらしも!」シリーズの、乙女な少年鋼の兄である剣の物語。
三島建設の取締役である九条剣。家を継ぐはずが怪我が元でそれが叶わず、弟の鋼に家督を譲ることになる。
自暴自棄になって道場の弟子と肉体関係の間柄になる。その関係を父に罵られたことがトラウマとして残った青年時代。
輝かしい時代の剣のことを記憶している代議士の息子の葛城鷹也。
剣に理不尽な契約を結ばせ、その肉体を支配する。
トラウマや嫉妬、様々な気持ちを抱えたまま、不自由なことを強いられる、少しシリアスなBL。

決して面白くないわけじゃないけど、一巻通してトラウマと向き合わされるのは、辛いところ。
まあ、これは読む側の勝手な我侭ですが。
                         2008/1/28

荊の檻〜箱庭の中の自由/
「荊の檻」の続きの作品。
葛城との微妙な関係を続ける剣。
それが葛城の父親にバレてしまって、面と向かって罵られる。代議士は建設業界に顔が利く。剣は会社に迷惑がかかることを恐れて。
葛城の父は、二人を引き離すべく画策する。

お互いを必要とし合っていることを確認する巻。
あまりにも非凡な人生、それもBLのお約束。

続編が出る可能性もあるらしい。
                         2008/1/28

UP追記>
読み直したら、そんなに辛くはなかったです。エグかったけど。
BLに慣れたんだなー。これは喜ばしいことなのだろうか?
どちらも面白いと思います。
                         2009/1/03

《こんな人におススメ》
シリーズ物を読みたい人に。
前シリーズ、「花もあらしも!」「花もいばらも!」からだと、かなり表現がディープなのでお気をつけください。



ラベル:桜川園子
posted by zakuro at 01:02| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。