2009年01月07日

願い叶えたまえ(完) 全03巻+番外編

【願い叶えたまえ】 全03巻+番外編  /西田 東

ジャズバーに通い続けるヤクザ深見光に惚れたピアニストの絹川祐介。
しかし、深見の手下に傷を負わされ、本格的にピアノを弾けなくなってしまう。
諦めて実家のケーキ屋を継ごうとするが、そこへ深見がやってくる。
微妙な関係を保つ二人。
そこに敵対する暴力団の幹部の有島が、深見を拉致する。祐介はトラウマを抱えた深見を見守りながら。

ずうっと噂に聞いていて読みたかった作家。独特の個性を持っている。
この作品は面白いけど、読後が重い。トラウマが重すぎてついていけない。
かえって描ききれていないように感じる。

ピアニストの突飛な性格がキャラ付けなのだろうけど、バカみたいに感じて、そこも狙っているのだろうけど。
感情移入はできなかった。

でも話はうまい。
読み手の好みになるだろう。
重い話が好きな人には向いている。

それでも気になる終わり方だったので、番外編に癒された。
                         2008/2/10

《こんな人におススメ》
UPした今だと、この後にいろんな作品を読んでいる分、これの面白さを改めて感じます。
別な作品の感想も近々載せていきます。



ラベル:西田東
posted by zakuro at 00:08| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。