2009年02月22日

電光石火BOYSシリーズ

【電光石火BOYS】 全03巻
【挑発-電光石火BOYS】 全02巻  /東城 麻美

地味な青年、夏井古楼(こだか)は、牛乳瓶底眼鏡でクラスでもパシリ。
のび太と呼ばれ本人もそれを受け入れていた。
しかしその素顔は美少年、わずかな人しか知らない。

八坂グループの御曹司八坂律と、ハーフの斎紫呉(いつきしぐれ)は、親友(?)同士。
クラスでもかっこよく悪目立ちし、嫉妬とともに人気があった。

文化祭の行事でスタンドプレイした生徒会長にうっかり担がれ、夏井はトラブルに巻き込まれる。それを助けたのは八坂だった。
八坂の機転で切り抜けるが、マスコミを騒がせたことで学校側の心証を悪くし、三人は芸能界でデビューを約束させられる。

ラストの巻は短篇も。失恋がきっかけで売りをする少年が出会った客に恋をする。
もう一篇は、政治家の息子の護衛任務についているところを、変態に襲われて警察手帳を無くしてしまう。

実は、前三巻は完結していなくて、出版社が変わって、挑発が続いている。

絵はキレイ。今時の絵。

スピード感があってBLとしてではなく漫画として面白かったけど、BLになってきてからはもたもたしてきた。
話はぐだぐだに収拾がつかなくなった感じ。

絵とキャラでひっぱっている。
男子の肉体はしっかり筋肉がついていてキレイ。読み方が変わってきてるなー、実感。
キャラ萌えだけで5巻も続けられるのは感心。
ストーリーがしっかりしてたら、もっと人気が出たのに。残念。
だんだん作者がエロに傾いてしまったせいか。
                         2008/4/01

《こんな人におススメ》
アイドルを愛でたい方に。



ラベル:東城麻美
posted by zakuro at 03:45| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。