2009年02月25日

ふらちなチェリーボイス

【ふらちなチェリーボイス】 全01巻  /えのもと 椿

売れない声優の壮平。目覚めたら、全裸だった。裸の二人の男に囲まれて。
ひとりは声優の同期の大森建造。もう一人は知らない男。
その日のオーディションで、その男が売れっ子脚本家、神道鋭志だと知る。
どっちにも揺れるのだが。壮平は流されるように、その男、神道と恋に落ちていく。

この作家さん、萌えどころが上手。読者を煽るのがとってもうまくて参考になる。
ベタなのに。何が違うんだろう? 
受けは女の読者に重ねやすい。でも、そんなのは他の作家にも多い。
女オンナしている他の作家の作品と、何が違うのか。

そうか、攻めからの求められ方が、読者の理想の設定に近いんだ。
絶対的に守ってくれる良い男が、どんな困難にも負けずに他の誰よりも自分を望んでくれる。
それでも自分の逃げ場を作る受けが、女の読者の立場に感情移入させやすいのか。
なるほど。そのずるさが私は嫌いだけど、うまいと思う。
そういう設定から外れていないのが、この作家の魅力になっている。

セックスの手順とかまさに、女の為のポルノの正統って感じ。少女漫画だなー。
そんな観方で読むと納得できることばかり。
他は突っ込みどころ満載なんだけどなぁ。
設定矛盾とか後だしとか。
だけど、読者をのめり込ませるのが、エンタテイメントの優先順位トップ。

個人的な感想はひとつ。
男の癖にとは言わないが、すぐに泣くな。
                         2008/3/26

《こんなふうにおススメ》
ツッコミを入れながら楽しめます。



ラベル:えのもと椿
posted by zakuro at 04:35| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。