2009年03月10日

悪いコでもイイ?

【悪いコでもイイ?】 全01巻  /桜賀 めい

ワルイコトシタイ」の続編。
会長の帝と永遠の、その後。
一線を越えてしまった二人。永遠は友だちを望んでいたのに、帝の気持ちがわからない。
これからどうなっていきたいのか、永遠の試練(?)が始まる。

短篇は「好きすぎてゴメンね」
タケルと秋吉は大学の頃からの親友。しかし、タケルはずっと秋吉に片想いをしていたのだ。二人の関係が崩れるのが怖くて、もんもんと傍で過ごす5年間。
秋吉は最近機嫌が悪く,その日もタケルを放って同僚と朝まで飲みに行くというのだ。

帝が二重人格過ぎて、わからないところがある。恋愛慣れし過ぎているのか、余裕がありすぎるのか。
最後に謝っているってことは自覚があるんだよね。

永遠がじたばたするのをニヤニヤして読めってことなのかも。
永遠の兄、久遠と、帝の兄のスピンオフは出来そうですね。

短篇が面白かったー。
                         2009/3/05

《こんなふうにおススメ》
このシリーズ、人気があるのもわかる。楽しいもん。
これは、短篇が好き。

※ 数字が出版順。まだ続編刊行中。
01 「ワルイコトシタイ」の続編とスピンオフが、以下。
02 「悪いコでもイイ?」 二人の続編。
05 「ワルイ男でもイイ」が、三部め。
04 「嫌いじゃないけど」 生徒会副会長の幸村と、幼なじみで今は不良グループの東雲。
06 「恋じゃないけど」 幸村との東雲の続編。
03 「遊びじゃないの」の短篇、「アマイコトシタイ」が、生徒会書記の殿崎と後輩の音無。
07 「無慈悲なオトコ」が、帝と永遠の兄たち、相川久遠と白羽七王の話。



ラベル:桜賀めい
posted by zakuro at 02:05| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。