2009年04月01日

楽園まであともうちょっと(完) 全03巻

【楽園まであともうちょっと】 全03巻  /今 市子

園田小百合は、頑固な父の、まるで道楽のような超赤字会社「楽園企画」を、元夫の山男、川江務に手伝わせようとする。父が務に惚れ込んでいたからだ。
しかし、その実体は借金だらけで……。
ローンズ・キクチの社長の菊池、そしてその社員で菊池の愛人でもある浅田貴史が乗り込んでくる。
切羽詰まった状態の泥沼に、務ははめられていくが……。持ち前の企画力で、自ら深みにはまっていく。
務が提案した山登りに、参加せざるを得なくなった借金取りの浅田に惚れてしまう。

面白いー。プロット、綿密に練られているんだろうなー。

小百合の、世間知らずなところと、一気に超えちゃう太々しさが可笑しい。

一人一人が丁寧に描かれていて、それらが上手に絡んでいて、まあ、それが人生というものなんだけど、なかなかそこまでは描ききれないものだ、普通は。
それをここまでやるのかっ!と思う程に、描いてみせる。その手腕と力量に脱帽する。

ぐるぐるしちゃう浅田、可愛い。
川江もいいヤツだなー。
猿並(さんなみ)さんの名前すらジョークのようで、この人の存在、絡み方も面白い。
                         2009/3/28

《こんなふうにおススメ》
しつこいようですが、何度でも言いたい。
BLという範疇に収めてしまうのはもったいない。



ラベル:今市子
posted by zakuro at 00:27| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。