2009年04月02日

つよがり

【つよがり】 全01巻  /ねこ田 米蔵

短篇集。どれも繋がっている。
幼馴染み同士の司馬と戌尾(いぬお)を中心にした話。馬と犬なのか。

・「左胸はロマンチスト」
IとIIがある。
教師の小野坂は、司馬が巨乳好きの高校生だと知っている。
一緒にAVを観てから触られるようになるが、小野坂は一線を越えられない。教師の立場だけではなく、一回で捨てられたらと思う恐怖からなのだ。

・「それを恋というのデス」と表題作。
司馬のクラスメイトで、幼馴染みの戌尾。朝、ホテルで目覚めたらお持ち帰り。いつものことだが、今回の相手は男だった。
動揺してそのまま彼を置き去りにして帰るが、相手が同じ学校の夏田だと知って。

・「夏休みのヒミツ」
圭輔と親友のアキ。友だちだからキスまでしていたけど、今度会う時にセックスしようと言われて、圭輔は怖くて居留守を使う。
圭輔の兄が司馬。

・「やさしい唇」
これだけ別の話。金田は隣りに住む受験生の雪本奈知と、彼が観たがっていたライブに一緒に行きたくて。

作者の初コミックス。同人でも活躍中の作家さん。

女の子の制服可愛い。

可愛い男子は星野 リリィさんに出てくる男の子のよう。
そういう子、あまり好きじゃなかったのに、慣れたなー。
男の子が女の子っぽいんだけど、それが気にならない、すごい。
男子はこの作家さんの方が上手いかも。

おばQみたいって、あんなふうに言われたらふつーめちゃ怒るよね。

微妙な部分が萌えなんだなー、可愛いコマがある。
ファンが多いのもわかる。

後書きの、作者のホモハンター歴が14歳からに笑ったとともに驚いた、すごすぎ。
                         2009/4/01

《こんなふうにおススメ》
センスが良いんですよね。萌えどころを押さえているというか。上手い。



ラベル:ねこ田米蔵
posted by zakuro at 00:05| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。