2009年04月05日

告白の言葉のない国

【告白の言葉のない国】 全01巻  /門地 かおり

富豪の商人一家の末息子のクマルと奴隷のシンは、幼い頃から仲が良かった。
身分違いでありながらその仲の良さを、家督を継ぐ嫉妬から腹違いの兄たちに利用され、シンは行商宿のソロウに売られる。
お互いを想いあうばかりにすれ違っていく。

短篇は
・「恋愛歌劇場」
花屋の大山兄弟。花言葉に詳しい弟の良男(よし)に彼女ができる。しかし兄は弟に恋するコスプレフェチだった。

・「秋霖(しゅうりん)」
江戸の初めのキリシタン狩りの話、孝助と良市と暁の友情と恋。

設定がわかりにくく理解しづらい。もっと整理できなかったのだろうか。
ネームの切り方なのかなぁ。もったいない。まだまだ面白くできるのに。
表題は切ない話だった。
                         2008/7/09

《こんなふうにおススメ》
最初は、もう少しという期待感が強かった作家さん。
これがこの後、だんだんはまっていったのでした……。



ラベル:門地かおり
posted by zakuro at 01:27| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。