2009年04月09日

恋姫

【恋姫】 全01巻  /門地 かおり

女形の白玉(はくぎょく)は江戸の人気役者。
脚本家の秋川に惚れてデートを重ねるのだが、友情の域は出ない。
しかしある晩より身体を重ねる関係になり、遊びでも構わないと思うのだがだんだんと欲が出てくる。
この続きは、「デジャブ。」に。

短篇は同人誌を描き直した「年下の男の子」。
野球部のエースで四番の三宮(さんぐ)は、後輩が入ってきてからどちらもその座を奪われる。
しかしバッターの習志野(しゅうしの)は上手く、しかも人気があったが、自分からは中に入って行こうとしない孤高なところがあり、三宮は監督に頼まれ習志野にちょっかいをかけ始める。
この作品の続きは、「メロメロのしくみ」の、ワンルーム話へ。

魅力のある作家だなあ。決して上手いわけじゃないんだけど惹き込まれる。
やばいなあ、これで完全に持っていかれた。不思議。
切ないのが上手いなあ。心情にどっぷり入り込むんだけど、今まではそのアウトプットがヘタだったのかもしれない。
                           2008/7/10

《こんなふうにおススメ》
この作家さんのファンになったのが、この1冊。



ラベル:門地かおり
posted by zakuro at 00:10| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。