2009年04月11日

禁断の甘い果実

【禁断の甘い果実】 全01巻  /みなみ 遥

短編集。
・表題作。生徒には手を出すまいと心に誓う高校英語教師、須崎史隆は着任したのが男子校で、若干の戸惑いがあった。
しかし、初日に出席を取った生徒に目を奪われる。その和久井恵那(わくいけいな)は、同級生に恋をしていた。番外編も。

・「IN MY ROOM」 
大学二年生の永嶺岬(ながみねみさき)はスポンサーだった男に振られる。
バイトを探すとセックスフレンドの牧野俊樹先輩に話すと、友人と同居中の先輩の家に、住み込みの食事当番を提案される。その同居人の洋司は岬の好みのオトナな男だった。

・「窓際のパラノイア」
三年になってクラスメイトになった桐生七緒。由月(ゆづき)の苦手なタイプの優等生だが、あっという間に仲良くなる。

・「ぼくときみの距離」
奥津笙(しょう)は飲み会で蘇芳に一目惚れ。しかし言い出せなくて、蘇芳の誤解を利用してセフレになる。

・「ホンキのキスで満たして」
生徒会長の藤原正貴は、転校生で同じ苗字の智流(ともる)に軽いキモチでアプローチ。
モノにするのだが、その可愛さにメロメロになる。

・「トリコにしてね」
海棠(かいどう)グループの御曹司、伊月は、自分の立場にいろんなことを諦めてしまっていた。
専属主治医の息子である高樹行平(たかぎゆきひら)を紹介された時も冷めていた。最初はからかって遊んでいたのだが。

この作家さん特有の、ひたすらしまくる話ばかり。
「IN MY ROOM」は3Pを描きたかったんじゃなかろうか。

この作家さんは以前にまとめて読んだんだけど、体質に合わず、ほとんど感想を書けてない。一行コメントのみ。
一年振りにちょっと整理したら、なるほどなと新発見。
数をこなすとわかることってありますな。ははは。
普通に読めるじゃん(←何様)。慣れって怖いなあ。
それと、この痛さと寒さはネタだったのか!

まず、少女マンガチックで、「これ、BLじゃなくても良いじゃん!」って思ってたんですが、その絵で抵抗が無い上に、更にかなりエッチなシチュエーションっていうのが、読者には良いんだろう。

それにしても、この作家のように、描きたいもの描けて幸せ〜という気持ちがにじみ出まくっている作品も、ある意味すごい。
頑張れとしか言いようがない。

表題作の恵那って……ここでの名前の読み方は「けいな」だけど、これは一般に「えな」と読む。地域の名前で、これは胞衣(えな)という意味から由来で、胎盤のこと。
余計な雑学で目が止まる自分自重。
それと着物の描き方は、なんだかな。
生徒会長の話は、ネタだとわかっているけど、なんでこんなヤツが会長になれるんだろう?
                      2008/1/26、2009/04/11追記

《こんなふうにおススメ》
最初はダメダメで合わなかったんですが、今はふつーに読める作家さん。
これって、慣れ? それとも、記号化への麻痺? 進化か衰退か。

【復刊版】
中味、一緒か確認していません。


ラベル:みなみ遥
posted by zakuro at 14:25| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。