2009年04月17日

夏時間

【夏時間】 全01巻  /国枝 彩香

短篇集。
・表題作。
高校生の篠崎智。亡くなった母の遺品を整理していたら、かつて母が書いたラブレターが出てくる。
その相手の男、高木竜悟(りゅうご)に会いに行く。会った男は自堕落でどうしようもない生活を送っていた。
母とその男はどういう関係だったのか? もしかしたら、自分はその男の息子なのか。

・「熱帯夜」
貴章(たかあき)は、今は義理の兄の望(のぞみ)が住む実家に帰る。両親はすでに亡く、独りで住む兄。父の葬儀以来だった。
ずっと兄を心の中で慕っていた貴章だが、二人にはそれぞれ大きな秘密があった。

・「神様の言うとおり」「Sweet Little Devil」
野々宮泉はさやかに振られて、人生三回目の失恋を果たす。20歳、小柄の可愛い系。未だに女性に相手にもしてもらえない寂しい青春。
隣人の谷口テツヤに会うたび、その男らしさが羨ましかった。ラブコメ。

・「眠る男」
山田直紀はどこでも眠ってしまう男。1990年当時高校生だった達也と直紀は、ミレニアムに開けようとタイムカプセルを埋め約束する。そしてお互い、約束を果たしに。

レディースコミックで活躍の坂井 久仁江さんのBL作品用名義。
レディース系ではありえない絵図らもあって爆笑した。なるほど、名前を変えるだけある。

表題作はいきなり惹き込まれる。
これ、BLにしなくても。そっちに話が流れたら冷めてしまった。そのまま母とのことに焦点を当てていてほしかった気も強い。
高木の意地悪の裏に潜む優しさの表現はすごい。

全体的に読んでてきつい。重い話が多いからかも知れない。

猿顔の男を読むのもきつい。でも、絵は上手い。

さやか最強。
最後の話はこんなどんでん返しとは。セツナイ。
                         2009/4/14

《こんなふうにおススメ》
こういうふうにまとめるんだっ! と、ウロコも。
おススメの作家さん。



ラベル:国枝彩香
posted by zakuro at 00:10| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。