2009年04月19日

兄貴上等(完) 全02巻

【兄貴上等】 全02巻  /鹿乃 しうこ

矢井豆(やいず)家、長男の一楽(いちろう)は30歳でスナック経営、次男の剛(ごう)フリーター24歳、三男の流生(りゅうせい)16歳の高校生。
母が10年前に死んで兄弟で暮らしている。
流生はある日兄たちの性行為を目撃する。鬼畜な兄に呆れる毎日だが、周囲は流生をブラコンだと思っていて。

短篇は、・「ジェントル・グリーン」
ガテン系。植木職人の話。
晴己は天涯孤独。親戚をたらい回しにされ、遠縁に預けられる。そこにはイギリス人のシシルが働いていて。

どんどんおバカな設定になっている。こういうの好きなんだろうなあ。
なまじうまいから、何もBLにしなくてもって思えちゃう。これは新田作品でも思うこと。
特に収録の短篇ものは、かえってBLになってしまうとしらけてくるというか。
難しいところですね。

二巻目のほうが勢いが出てきて面白かった。
                         2008/6/01

《こんなふうにおススメ》
兄弟モノって、苦手〜と思っていましたが(今でも思っていますが)、ここまで振り切っちゃうとそれもそれなんだなーと思いました。読ませる作家さんなんでしょうね。

※ 読んだのは、ビブロス絶版版。新しいのと若干収録が違うらしいです。
リンクは復刻版。



ラベル:鹿乃しうこ
posted by zakuro at 01:53| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。