2009年04月21日

パラダイスへおいでよ!

【パラダイスへおいでよ!】 全01巻  /松本 テマリ穂高 ばるこ共作

鈴木直は大学二年生。
ゲームセンター「パラダイス」の常連で格闘技ゲームで全国大会の店舗代表に選ばれる。
高三の桜ユウキ、会社員の神谷玲司も常連。
店員の天龍寺才蔵は忍者オタクで直が好き。大会への練習の後押しもしていた。

マ王の後に読んだら、なんだかBLというのが照れくさい。

カップリングで絵が違うので、才蔵×直担当が松本さん、神谷×ユウキが穂高さんなのだろう。
こういうやり方もあるんだな。
傾向は似ているので違和感はない。
それぞれのカップル視点で、同じ時間の視点が変わって面白い。
こういうのやり方をアニメで奇数話と偶数話でやったら面白いのに、と思った。

しかし、読み続けると二人の実力の差がそのまま出てくる。
松本テマリの方が上。こういうのは厳しいもんだ。
交互にそれぞれの作品が入るからテンションが途切れる。これはきつい。

ジョークで始めたんだろうけど、才蔵の忍者言葉は読んでても辛い。
書き続けるのきつかっただろうな。
                         2008/5/18

《こんなふうにおススメ》
仲良しだからできることでしょうね。
手法が面白かったです。



posted by zakuro at 02:07| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。