2009年04月25日

Punch drunk babies(完) 全03巻

【Punch drunk babies】 全03巻  /緋色 れーいち

ボクシングに惹かれた三人の子どもたち(ベイビーズ)の話。
プロテスト目前の恭平は減量中で、誘惑に負けて寿司屋に入る。そこで出された鮨を目の前にして我に返る。
鮨をはたき落としたのをみて、職人の裕也は彼を殴ってしまった。そのパンチは恭平をプロの道に目指させた人と同じものだった。
その一件で寿司屋を辞めた裕也は、恭平に拉致され恭平の家に居候することになって。
恭平と同じく養護施設で育った南は、人を利用して伸し上がっていく。

面白い。ホントにスポーツ好きな人なんだなと思う。
しっかり研究しているしうまい。

もうひとりのメイン、桧山南の話になると緊張感が出て面白い。
2巻からはほとんど南がメイン。
傷のある人間の方が面白いのはそこに深い物語があるから? 

秘書の隆一のトラウマはもっと深いと思ってた。

中盤から主役が変わるのはご愛嬌。
いつものこの作者の構成ミスな気がする。
                         2008/5/10

《こんなふうにおススメ》
BLには珍しい、スポーツものを得意とする作家さん。
アンソロは、スポーツもの、多いんですけどね。



ラベル:緋色れーいち
posted by zakuro at 05:35| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。