2009年04月26日

長い間

【長い間】 全01巻  /館野 とお子

表題の話。
宮木(みやぎ)と阿部。高校一年の親友同士が一度っきりの関係を持った後、親の都合で離れてしまう。大学で再会した時にはそれぞれがそれを記憶の向こうに「封印」していた。
10年以上の歳月が流れ、宮木の一軒家に入り浸る阿部に衝撃が走る。宮木から婚約者を紹介されたのだ。

もう一篇「僕と君とのこれからは」
高校3年のリーダー格の瀬尾と、一年後輩の深田のグループは、常に対立している。そのリーダー同士が、恋に落ちてしまうラブコメ。

行間が深い。秀逸だー。これも読み直したい一冊。
一言でいうと「味わい深い」。

この作家さん、物語の作り方がほんとにうまい。
気持ちの変化と、経年年月をうまく組み合わせている。
ラブコメのほうも笑えて良かった。

それにしても、これはBL全体に言えることではあるけど、ひとつの話の終了するまでがとても長い。コミックスで読まないとやってられないと感じる。連載ベースで読む人は辛いだろうな。
                         2008/2/25

《こんなふうにおススメ》
ずいぶん読んだんですけど、ありそうで、あまりなかった設定に感じました。女性も堂々と絡んでくるし。
表題作は、静かなイメージの作品。



ラベル:館野とお子
posted by zakuro at 04:00| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。