2010年03月29日

Punch↑ 03巻まで

【Punch↑】 03巻まで  /鹿乃 しうこ

P.B.B プレイボーイブルース」のスピンオフ。
菱谷忍に捨てられた建築家の牧志青(まきもとはる)と、型枠工の大木浩太。
血の気の多い青年、浩太の喧嘩を仲裁した牧。浩太が買っている猫が、牧のもとから逃げ出した子だとわかり……。猫のお陰でアパートを追い出されてしまっていた浩太は、牧のマンションに居候することになる。
忍と純佑のカシオペア旅行も入っている。

過去の男と絡んだり、オールスター勢揃い。
大木浩太は、「GATENなアイツ」の松本優作の実家の松本組で働いている。

「P.B.B」の2巻のあとにこれを読んで、3巻に戻るのが良いんだろうな。

このふたり、めちゃ笑える。
このシリーズの他の作品より、もっと変態度合いが増している。こういうノリ、楽しい。

話は相変わらず秀逸。まとまっている。
4コマも最高。
迷う男」の御園生涼司も出てくる。
続きの2巻目はまだ未読。
                         2008/6/04

《こんなふうにおススメ》
相関図片手に読むのがベスト。

2巻/
甘い同棲生活を送る牧と浩太。そんな浩太を心配して、中学からの同級生の西賀が牧を訪ねてくる。
菱谷忍は、ちゃんと愛の言葉を浩太に伝えてやれと、牧に言う。
浩太の初めての相手の裕也と、浩太は偶然再会する。

短篇に「密月」
浩太のかつての恋、深津裕也との話。

こんなところでもねこ鍋がっ!
猫たちがね、浩太によじよじ登っていく姿がね、癒される〜〜。

「P.B.B」では牧志青がうざすぎてダメだったんだけど、個人的なBLスランプの今、軽く笑わせてくれるのがありがたくて仕方ない。
やっぱりこの作家さん、素晴らしい。

にしても、なんでこんなに建築業界に詳しいんだろう…。
                         2009/7/14、2009/7/16UP

3巻/
浩太の初めての相手、深津が牧の仕事に絡んでくる。三人それぞれに抱えるものがあり。浩太は足場から落ちて記憶を失う。

3巻ですよ、奥さん。
表紙のにゃんこに癒される。風呂がでかくてうらやましい。
この作家さんの作品が好きと思うのは、作家さんの男同士の絡みへの愛が滲み出ているから。お約束設定でも運びも構成も上手すぎる。
                         2010/3/25


ラベル:鹿乃しうこ
posted by zakuro at 00:03| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。