2009年04月30日

恋は思案のほか

【恋は思案のほか】 全01巻  /館野 とお子

・表題作。
持田は大学まで往復5時間の距離を通う。都内に住みたいが親は当てに出来ず、バイトを探すがシフトの関係でなかなか決まらない。
友人の樋口が紹介してくれた塚原筧から、義弟の奥の監視を条件に奥のマンションの居候バイトを頼まれる。
しかし奥はゲイで頻繁に男を連れ込むヤツだった。

・「君までの距離」
安田と斉藤。大学の同級生同士。
安田は院に進み、斎藤は就職した。
親友がいつの間にか身体の関係になっていったが、生活の違いで微妙な温度差が出来る。

この作家さん、会話のテンポが絶妙なんだよな、なんで好きなのかよくわかった。
話の運びも緩さと緊張感があって、絶妙。
ぐるぐるしちゃうのが、違和感なくてほんとに上手い。面白かったです。

今 市子さんもそうですが、エッチシーンなんて無くても良いのだ。
                         2009/4/14

《こんなふうにおススメ》
これも、余韻が残る作品です。



ラベル:館野とお子
posted by zakuro at 20:11| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。