2009年05月20日

ダイナマイトダディ(完) 全04巻

【ダイナマイトダディ】 全04巻  /桜川 園子

紅林祥子、通称レディ。暴力団会長の令嬢で、夜の街の元締めをしている。そのレディが育てていたのが、両親を早くに亡くした14歳の氷上怜二(ひがみれいじ)。
売れっ子ホストの藤堂修介は、怜二が気になり、レディから身請けする。
家には怜二を慕う息子の裕太も住んでいて、一緒に暮らし始める。12歳上のその男の恋人になり家族になり、そして9年を経た物語。
粋がっていた怜二も大人になり落ち着いて、ホストクラブのマネージャーとして生きている。
ホストクラブのオーナーになった恋人の藤堂と高校生の裕太、その周辺の人々との話。
息子も息子で、幼馴染みで親友の館脇章太とそんな付き合いに。

この作家の初コミックス。
デビュー作は、シークレットラブサービスに収録。
この作品の社長も、ちょこっとだけ出てくる。

脇役も面白かったし、4冊もあるとそれなりに読み応えがあった。
だけど、誰にも感情移入できないのはどうしたことか。BLを読みすぎたのかなぁ?
いまいち心情を描くのが苦手な作家さんなのか?
                         2008/2/14 

感想補足で読み直し。
体つきは男性なのだけど、思考がみなオトメなのが感情移入出来ない理由なんだとわかる。話は面白いのだけど。
                         2009/5/18

《こんなふうにおススメ》
だいぶ絵は慣れてきたのですけど。工夫は感じられる。
長編は良いですよね。

【文庫版】
絵があったので。



ラベル:桜川園子
posted by zakuro at 00:11| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。