2009年06月01日

HANON

【HANON】 全01巻  /大和 名瀬

短篇集。

・表題作。
指揮者の父とピアニストの母を持つ高坂均(こうさかひとし)。ピアノは弾けて当然。楽しくはなかった。
6年前にコンクールで初出場者に負けてそれが心の傷になっている。
音楽教室の生徒に厳しく教育したところ、怒鳴り込んできたのが兄の月島涼。かつてコンクールで負けたその彼だった。

・「SONATA」
想いが繋がった高坂と月島。今ではふたりは一緒に音楽教室を開いている。
メインは月島の弟で高坂の生徒の翔と、その親友の大原圭の話。

・「となりの中学生」
小田庄平は、念願の免許と中古だけどマイカーを持つ。元来の性格で、ついつい都合の良いアッシーになってしまう。
しかし、ホントに気になるのは隣の6歳年下の13歳孝太だった。その孝太が突然引っ越すことになった。

・「この恋の台本」
脚本家の湯島秀人は、劇団に入ってきた高校生の元気な坂井晴紀が気になって仕方ない。

・「きっと僕とは違うひと」
酔った父を連れてきてくれた会社の宮沢は25歳で一回り上の大人。近所に住んでいて、学と友だちになってくれた。遊んでいるうちに気になる存在に。

初期の頃の作品。ムラがある。

個人的にはショタキライ。15歳以上じゃないとダメな常識人な自分。

内容的にもツッコミどころ満載だけど、試行錯誤している感じ。
絵はうまいんだよなあ。
                         2008/4/21

感想を補足する為に読み直し。
なんだ、全然いけるじゃん。慣れって怖い。
普通に面白いと思えた。どこか自分が壊れていのかな? そっちの方が心配。
                         2009/5/28

《こんなふうにおススメ》
麻痺してきたのだろうか?
気軽に楽しめます。



ラベル:大和名瀬
posted by zakuro at 02:00| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。