2009年06月24日

GET THE MOON

【GET THE MOON】 全01巻  /高城 リョウ

T大のAI工学部に合格し、父と同じAIの道を歩み出した三薙月都(みなぎげっと)。科学者の父とは見捨てられ感が強くてうまくいかなかった息子だった。
アメリカで研究に没頭している父から合格祝いに送られて来たのが、アンドロイドP-02。それにムーンと名付けた月都。
ムーンのお陰で、仕事に没頭し過ぎて家庭を顧みなかった父への複雑な確執の想いが、彼の存在で和らいでいく。
親子愛とアンドロイドたちの、はちゃめちゃコメディ。

別の話は、「ハイグウシャシリーズ お米ちゃん。」の続編。
「ボウガイシャ」「ケツエンシャ」
久遠将紀(くおんまさき)とお米サイズのお米ちゃんの恋愛。

この作家さんの特徴なのか、おバカな設定満載だけど、まあまあな楽しめるお話。
                         2007/10

月都が子どもの頃に作ったロボットのプロポーションがとにかくかわいい。
まだBL読み出した頃に読んで、どんな設定って思ったけど、今は慣れたなー(こればっか)。
特に「絶対彼氏。」を読んだ後なので、まったく動じないさ。

それよりも、「お米ちゃん。」には、衝撃だった。頭を殴られた思い。破壊力がある。
ちんつぶ」よりすごいかも。
お米と婚約……。強烈。本編、読みたい。
                         2009/6/21

《こんなふうにおススメ》
初見は、まだBLを読み出して10冊までいかなかった頃。
さっぱり意味がわからなかったのが、懐かしい。
お米ちゃん。すごすぎ。



ラベル:高城リョウ
posted by zakuro at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。