2009年06月30日

甘い針

【甘い針】 全01巻  /明治 カナ子

短篇集。
・「綾人」
綾人は母の再婚によって義父の従兄と出会う。その人は、かつて綾人の一晩の情事の相手だった。
その時にうっかり撮られたVDで遠回しに強要されていく。

・「志乃」
志乃は片桐家に引き取られる。亡き娘の部屋は気に入っていたが、奥さんは亡くなり、残された主人とふたりになる。

・「春のまえ」
兄のスグルの友人だという矢野が図書室で声をかけてくる。借りていたものを返したいから家まで来いと言うのだ。

・「蜜月期」
写真家の大倉のもとに、16歳の畠山彰が転がり込んできて。

・「さくら色のあと」「さかなの目」「浮躁(ふそう)」「夏の風景」
孝也は親友の目をごまかしているが、従兄の正に無理やり抱かれる日々。
続編は幼かった日のこと。正は孝也を抱くのを止めると言い出して。

始まり方がいきなりだったので、びっくり。しかもハードな内容。
気楽に読み出したので面食らった。
しかも内容も無理やりのレイプもので、実は当人は相手を好きで、みたいな話が続く。

最近気づいたことがある。
作者の萌えと、読者の萌えを一致させて、秘密を共有するような、そんな楽しみ方なのかも。BLって。
                         2009/6/29

《こんなふうにおススメ》
たゆたう絵からは想像出来ないハードな描写です。
お好きな方へ。



ラベル:明治カナ子
posted by zakuro at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。