2009年07月01日

キモチの行方

【キモチの行方】 全01巻  /明治 カナ子

隣人の柳啓治は深山(みやま)と同じ大学で専攻も一緒。深山のところに来てはコーヒーを飲んで帰って行く。
啓治は高校の時のOBで双子の、津守総と洋に飼われていた。対人恐怖症なところもある啓治は、ふたりのことは好きだが、最近安らげないのだ。

ひたすらエッチの作品。この作家さんはそうなのでしょうか?

決して絵は上手いとは言えないのに、独特の世界観。

深山って精神的な当て馬?
どこに話が転ぶのかわからなかった。
そういう意味では、とても文学的な作品なのかも知れない。
                         2009/6/29

《こんなふうにおススメ》
独特なインナーワールドがある。
そこはかなり好き。



ラベル:明治カナ子
posted by zakuro at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。