2009年07月04日

饒舌な試着室

【饒舌な試着室】 全01巻  /鳥人 ヒロミ

中沢陸は、成人式のスーツを誂えてやるという父の行きつけの、一流テーラーに連れて行かれる。父はアナウンサーで着道楽、その店の常連だった。
そのテーラーには柊麒一(ひいらぎきいち)が、店長兼で誂えも手掛けていた。
陸は、柊が気になる。採寸を終えて店を出たが、つい気になって戻ると柊が父のスーツに顔を埋めていたのだ。それに嫉妬も覚えてそのまま犯してしまう。
ところがその柊、とんでもない男で……。

ショートは「弟のユウウツ」
二卵性双生児の猟と海斗。
猟が眼鏡になって大人びて視えるのに海斗はヤキモキする。

やっぱりとっても面白い。ベスト10にはこれを入れたいかも。

今 市子さんをエロくした感じ。
今さんの作品はとても面白いけど、BLを堪能したい人にはもの足りないだろう。そういうシーンはぼかされているからだ。
でも、この作家さんの作品は話全体の面白さに増して、そういうシーンもしっかり描かれている。

そして、もうひとつの面白さは、脇役の良さ。
BLって脇が目立つと成立しにくいと思っていた。主役ふたりに集中しないからね、意識が。
出てきても、当て馬か、ふたりに絡むライバルが多いのだ。
でもこの作家さんの作品では、話を盛り上げ、主役を引き立たせる脇役が光っていて、恋愛に絡んでこないのに、華を添えるのだ。
店員の吉野さん、良いー。

「男性はストイックに慎む程色気が増す」ってその通りだ。名言。

プロの仕事のあちこちがこの作品に見えて(内容も、描き方も)心地良かった。
                         2009/7/03

《こんなふうにおススメ》
面白すぎます。
めちゃくちゃおススメ。
読了したのは、旧版。

こちらは新装版。


ラベル:鳥人ヒロミ
posted by zakuro at 00:25| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。