2009年07月15日

ファインダーシリーズ(完) 全05巻

【ファインダーシリーズ】 全05巻  /やまね あやの

01 ファインダーの標的
02 ファインダーの檻
03 ファインダーの隻翼
04 ファインダーの虜囚
05 ファインダーの真実

駆け出しの報道カメラマン高羽秋仁(たかばあきひと)はスクープを狙って、浅見隆一に目をつけられる。浅見は、夜の街を仕切っている経営者として知られていたが、麻薬密売やマフィアとも絡む警察も恐れる男だった。
秋仁の跳ねっ返りぶりに興味をもった浅見は、秋仁を拉致、酷いやり方でレイプされる。
秋仁はめげずにスクープを追い続けるが、浅見に関係する場が多く巻き込まれていく。そして、無理やり抱かれるたびに、調教されていき……。
秋仁が浅見の弱点だと知られ誘拐された秋仁を追って、浅見は香港に乗り込んでいく。

まだBLを読み出して間もない頃、どんな作品があるのか、どんな作家さんがいるのかも知らず、まったくの手探り状態、ナビゲーターもいなかったのだ、今思えば仕事絡みとはいえ、無茶したと思う。きちんと調教されれば、立派な腐女子に成長したに違いないのに……。

そんな初期の頃、まだ数冊しか読了してない時期にこれを手にして、とにかく驚いたのだ。
「エロすぎる」
こんなん描いていいのか! と思った。
その衝撃が強く、4冊読んで、その時の印象は「よくわからない」
それほどショックが強かったんだなーと感じる。感想も書けずに放っておいてあった。
この度、最終巻が出たので全巻通して読み直し。今の感想は……。
エロさに関しては、「そんなに特別凄すぎるわけじゃないよね」
あああ、慣れたんだなー、このセカイ。

ここからが真面目に感想。
作者の初コミックス。
絵がとてつもなく上手い。実は長年描いていた人なのでは?
何もかもが上手すぎるのだ。名前とジャンルを変えて再デビューしたのでは? と感じる程、見事。
絵もストーリーも構成も素晴らしく、読み応えがあるのだ。ほんとに「良く出来ている」。

お軽いBLに飽きたお嬢様方の、濃ゆいBL的萌え要素を網羅している。
(かなりヒドい)レイプされてもそこには激しい愛があったり、甘えただけど跳ねっ返りな受けだったり、ライバルにも犯されちゃったり、常にエッチが激しかったり……。
純情ロマンチカ」があまねくBLマーケットを網羅しているなら、こちらはコア層をしっかり押さえている。
秀逸な作品。

ところで…それがわかるようになったなんて……遠いところまで来ちゃったなぁ〜。
                         2009/7/08

《こんなふうにおススメ》
秀逸な作品。ディープな腐女子のお嬢様方におススメ。


ラベル:やまねあやの
posted by zakuro at 01:22| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。