2009年08月06日

蝶よ花よ

【蝶よ花よ】 全01巻  /わたなべ あじあ

短篇集。
・表題作。「宝物は誰のもの」「宝物は僕のもの」「伝説の魔性」
継母の弟の香月(こうづき)に育てられた玉緒。
香月はかつては伝説の族長だったが,今はすっかり丸い。しかも預かった玉緒を返せなくて、行方をくらました過去がある。
玉緒も20歳。いつの頃かその養父に惚れて。
恋人同士になってから、居場所を発見された父と継母と三つ子の弟たち、大学の同級生などを絡めての話も。

・「君の育て方」
公園で拾った男の子で隣りのビルでバイトしている“躾られていない”男の子、吉田レオを“肉奴隷”にしたいと妄想が暴走中の北村戒慈(かいじ)。あの手この手で調教する話。

・「誰にもあげない」
ヘタレな雑種男、五十士(いつじ)を調教する吾砂(あすな)。
こんなんばっかだ(笑)。

・「堕天使と踊ろう」
修道系の更生施設。入所早々施設の七割の男と交渉し謹慎させられた御手洗潤。
お堅い施設長の清水白徒(はくと)見守る中、だんだんと彼に惹かれていく。

面白い〜〜。視点が普通じゃない(笑)。
やっぱ変態。

極めれば、それはそれでエンタテイメントになるもんなのだなー。感心。

五十士に「わんこ」のルビに笑った。

まともな話はとてもうまい。
BLに関しては血肉になっているので、ストーリーメイクだけすればいいからなのか。
だけどそれが一番難しいものなのだ。

カラーの配色は無茶。
                         2008/2/17

《こんなふうにおススメ》
絵も独特で、読み応えあります。


posted by zakuro at 17:24| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。