2009年08月09日

僕にだって言い分がある

【僕にだって言い分がある】 全01巻  /山田 ユギ

3歳の時から椎茸農業を営む強烈な個性の祖父母の元に育った、“カバ新”こと樺谷新太郎。
両親は幼い頃に死んだと聞かされて育つ。椎茸は食べられない程キライだが、キノコを作るのはイヤじゃない。
幼馴染みの岡田悟志は、工場経営の父親と最近は喧嘩ばかりで、新太郎の知らない顔を見せるようになった。
その折り、新太郎の母が生きていたことを知る。

登場人物が多いのもこの作家さんの特徴。似た感じなのは、今 市子さん。
それぞれにしっかり人物設定がされているので話に厚みが出る。しかし、ストーリーメイクもしっかりされていないと無駄なキャラになるし、話がブレるのだが、それがないのがさすがと感じるのだ。

これも、ういうい路線。初恋が実ってめでたしなお話。
テンポも絶妙。

この一冊からユギ名義に変わる。
                         2009/8/08

《こんなふうにおススメ》
ちゃんとお話を読みたい、そんな時におススメの作家さん。


ラベル:山田ユギ
posted by zakuro at 18:44| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。