2009年08月13日

王子が愛したスパイ

【王子が愛したスパイ】 全01巻  /高井戸 あけみ

ブレックファースト・クラブシリーズ」のその後。
大学を卒業して就職した三木彰と、探偵事務所を開業した犬山広樹。
広樹の従弟の飯塚智晴とそのパートナー松本正種の大学生コンビも、探偵稼業を手伝う。

・「犬山家の人々」
広樹と三木の生活は変わらず。隣同士の半同棲生活。
三木は化粧品会社の研究職に就職。広樹は学生時代に趣味で作ったゲームがあたって印税生活とともに探偵事務所をはじめる。
大手ゲーム会社が広樹を引き抜こうとして、三木の存在を知り、脅迫をしてくる。

・表題作。
ハスカップ王国の王子がお忍びで来日。広樹の事務所が護衛を頼まれる。
広樹は王子のお相手に、新入社員のストレスでイラついている三木に手伝わせ、気分転換させようとするが。
番外編の「王子より愛をこめて」も。

・「けだるげなキス」
風邪で三木がダウン。会社の山中が見舞いに訪ねてくる。広樹との関係を隠すのに、徐々にストレスを溜めていく様子を広樹は見つめる。

別な話の短篇。
「ガラス窓の中の恋」
沢本は、浦田久仁彦の万引き現場に出くわす。賄賂にキスをされて。
それから学校でも話すようになる。

もう、なんでこんなに好きなのか、よくわからない。
このシリーズは、好きなBL作品のベスト10に入ります。
正直好きすぎて、感想が書けない。
主役のふたりが描かれていれば、それだけで嬉しい状態なのだ。ダメじゃん。
たぶんここら辺から、女王受けが好きになったのだと思う。

数年経ってますます絆が深まった感じ。
なんですかね、この信頼感は。つーかーの夫婦みたい。
犬山も、絶対に手放さない覚悟だし。
BLが流行るのって、たぶんこの「男同士の絶対的な友情」が大きいのかも。

読むたびに発見がある、するめのようなシリーズなのだ。
まだまだ続くとみたね。

「はつ☆まち」のゲームは、あの坂口のサイト。すごい、稼いでそう。
広樹と三木のハートのペアカップにウケた。
                         2009/8/10

《こんなふうにおススメ》
ホントに好きな作品。
つい、シリーズを読み直しちゃいました。


ラベル:高井戸あけみ
posted by zakuro at 00:03| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。