2009年08月25日

恋する暴君 05巻まで

【恋する暴君】 05巻まで  /高永 ひなこ

農学部の大学生、森永哲博は大学の先輩でノンケの巽宗一(たつみそういち)に5年も片想い。
1年前にうっかり告白してしまっているのだが、宗一は大学教授に襲われたトラウマと、最愛の弟を男に奪われた憎しみで、極度のホモ嫌い。
ヘタレながらも一途に不毛な恋に邁進の森永と、凶暴に君臨する宗一の波瀾万丈のラブコメ。
チャレンジャーズ」のスピンオフで巴の兄の話。「チャレンジャーズ」の中でも面白かった意固地な兄と、それに片想いしている後輩が徐々に間をつめていく。

高永作品ではこれが一番面白いのではないだろうか。代表作。
スピンオフの方が代表って……。得てしてそういうものかも。

兄さんの女王ぶりを愛でる本。
そんなとびっきりのツンが楽しい話なのだけど、作者の力量がどんどん上がっていくのも楽しめる。
最初はこまごまと何でも書きたくなるものなんだなー。
後半、ダイナミックなコマ割りがうまく、スピード感があって一気に読んだ。

「チャレンジャーズ」はどたばたコメディでエッチな描写は一切ないので健全に(?)読めるが、こちらはエッチ度かなり高め。

後書きに笑った。
ホモのたしなみって(笑)、なるほど。
                         2008/2/16

4巻/
電車の中で携帯を使っているオタクを宗一が注意、聴かないので携帯電話を叩き壊してしまう。それから不審な嫌がらせが起きるようになり……。

怖いなー、変な人っているよね。
森永、けっこううざい。
宗一の心情のおまけがついていて良かった、内容に深みが出た。
やっぱりこの話、面白い。まだまだ続くそうです。
                         2008/6/01

5巻/
巽家全焼で、宗一は嫌々ながらも森永と同居生活。
うきうきしていた森永だったが宗一は今まで以上にガードが固い。しかも「身の危険を感じる」と、カナダに短期留学してしまう。

パラレルショートの「灰かぶり姫」と、番外編に「ぼくたちの失敗」森永兄、国博と、真崎順也のその後で、シリアスな話。

森永、けっこうしつこい。
兄たちの話、良くできてて良かった。
                         2009/6/20

感想補完のために読み直し。

黒川と森永の区別が難しくなってますね。読み直して気づく。

兄さん、どんなに森永を好きなんだろう。
森永が好きすぎるのはもはやデフォルト。

そして、「チャレンジャーズ」はバラエティにも富みながら楽しく、こちらは萌え傾向が強い。これがイマドキなんですねー。
ところで、今更な質問ですが、ふたりはバイトはしてないのだろうか?
                         2009/8/22

UP追記>
作者描き下ろしの同人誌があり。タイトルは、「ある日、森の中。」
計3冊。
本編に対し、パラレルの内容。森永が熊で、宗一が狼の設定。熊が狼を助け、徐々に惹かれていく。
単純にこの二人の性格を好きな人は楽しめる作品。
                         2008/3/21

《こんなふうにおススメ》
BLではよく知られた人気作品です。やっとUPできた……。



ラベル:高永ひなこ
posted by zakuro at 00:14| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。