2010年06月18日

レオパード白書 02巻まで

【レオパード白書】 02巻まで  /扇 ゆずは

カリスマホストクラブ「レオパード」。極上のホスト6人、会員制のクラブである。
ホストのひとりで外見のとびきり美しい豹堂絢(ひょうどうあや)は、プライドが高く金しか信じていない。
そこへ、金の匂いのする自信家の真行寺只伴(ただとも)に24時間を1千万で売る。
真行グループの御曹司であった只伴は、絢を男の恋人に仕立て、親族に縁談の断りの発表をしたのだった。只伴の素性を知った絢は、もっと金をむしり取るつもりが、只伴の手中にまんまと落ちる。

ストーリーをまとめていて、BL的に良く練られているなと感じる。
「ここ、ポイントでしょ?」みたいなとこが抜かりないのだ。うーん、さすが。

じわじわ追い詰められていく絢の心情がすごい。

書き下ろしに扇節が出ていて思いっきりふいた。
続きは、後輩ホストで高校生の燐花の話になるらしい。
                         2009/8/23、8/26UP

《こんなふうにおススメ》
エロくて笑える。いつもの期待は外しません。

2巻/
若干19歳で性に飽きてEDな周防燐花。天才格闘家で実業家の父を持ち、今までワガママし放題。欲しいものはもうわからないほど、人生にも飽きていて。
ホストは天職だが、高校の出席が足りていないのでしばらくクラブを休むことにする。学校の特別措置で生物教師の薬師寺灯(ともる)27歳があてがわれるが、薬師寺は大学院時代の教授に片想いのとんでもない猫かぶりだった。
燐花は薬師寺を自分に跪けさせたくて仕方なくなる。

1巻で絢にいろいろ弄られてた燐花が主役。
絢も雛胡(ひなこ)に弄られ倒す。
薬師寺が登場したときいきなり年齢まで名乗ったのは爆笑した。授業で合コンじゃないんだから。
この2人、3巻に続くそう。
                         2010/6/08


ラベル:扇ゆずは
posted by zakuro at 00:00| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。