2009年09月02日

Dear.ジェントルパパ(完) 全02巻

【Dear.ジェントルパパ】  全02巻  /大和 名瀬

岡晴彦17歳。クラスメイトで親友の三崎京太郎が、自分の恋人だと紹介してきた相手は小学生12歳の市井なおだった。
父親に「友だちして」も認めて貰えないかもと悩む京太郎に頼まれ、晴彦は、なおの父親広文に会う。
なおは彼が17歳の時の子どもで、広文はまだ若かった。
四人で過ごすうちに晴彦は、父親の広文に惹かれていってしまう。

1巻短篇は「恋愛修行」
相原龍太の家は、代々美銅家に仕える忍者だった。
龍太はその夢を叶えるべく、世界企業に成長した美銅グループの跡取り望に手紙を送り続ける。

楽しく気楽に読めました。絵も好きです。キレイ。
それにしてもこの作家さん、異常な子ども好き(BL的な意味で)。なお、めちゃ可愛い。

だんだん「母親」になっていく晴彦が笑える。
シリアスにじーんともさせてくれるばたばたコメディ。
2巻は出会ってから2年経って。
続きが読みたい。なおって攻めな気がするから。
                         2008/4/21

《こんなふうにおススメ》
ホントに楽しく読める作家さんです。



ラベル:大和名瀬
posted by zakuro at 00:57| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。