2009年09月11日

DOLCE

【DOLCE(ドルチェ)】 全01巻  /北沢 きょう

表題作。
下町の開業20年のイタリアンレストラン「MIYA」。
料理長の宇佐美紀仁、料理音痴の見習い花野聖、人の話を聞かないいい加減な口先男のウエイター小宮大智、ピンチの状態で経営していた。
オーナーはここをイケメンレストランにするという。先代料理長だった父との約束もあり、伝統を大事にしたい宇佐美は反対するが、遊び人の息子の大智を更正させられたら、宇佐美の考えをのむと言うのだ。
その大智は宇佐美を昔から好きだったと言う。

・「ANTIPASTO(アンティパスタ)」
花野は、宇佐美と大智がキスしているところを見てしまい、自分がそういう意味で宇佐美が好きだったことを自覚、しかし同時に失恋してしまう。
宇佐美の友だちでMIYAの料理人、森永進にからかわれる毎日についキレてしまい。

タイトル、交換した方が話の内容に合ってましたね。

森永の意地悪は笑えないのもあって辛かった。

今までの作品は好感だったんだけど、これはどうもノレませんでした。
キャラの心情に寄り添うだけの感情移入ができなかった……。
                         2009/9/09

《こんなふうにおススメ》
絵はとてもキレイ。カラーも。


ラベル:北沢きょう
posted by zakuro at 00:01| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。