2009年09月24日

エゴイストな聖職者

【エゴイストな聖職者】 全01巻  /南 かずか

菅野裕(ゆう)は、高校の数学教師の佐野とつき合いだして半年。
もちろん隠れてつき合っているのだが同級生の幸田に怪しまれたり、成績が落ちてブラコンの兄の絢司(けんじ)に心配されたり。
後半は、佐野を好きだった生徒会長の須藤樺苗(かなえ)と、彼に夢中だった副会長の今岡の話。

初期の作品。
少女漫画設定で進むのは変わらず。何も考えずに読めるのはこれはこれなのかも。

性格設定として教師の佐野は最低。
鬼畜とかそういう設定ならまだしも、いくらエゴなのを差し引いても、阿呆だろと突っ込み入れたい。困ったちゃん設定ならそれはそれで面白く読める。

心情設定のご都合主義が苦手。
絵がオトメなのでもなく、おバカなキャラ設定でもなく、出てくるキャラがご都合なのが辛いのだ。
まあ、素直に読んで、こんなふうに愛されたいって願望が女子にはあるのね、みたいに思えれば良いのだろうけど。
                         2008/06/21

《こんな人におススメ》
ファンの方に。



ラベル:南かずか
posted by zakuro at 01:14| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。