2009年10月04日

リスタート

【リスタート】 全01巻  /日高 ショーコ

・表題作。
モデル事務所で売れてない吉沢匡(ただし)は、後輩で仲の良かった売れっ子モデルの工藤彰広(アキ)と酔った勢いで寝てしまい、それ以降気まずくなる。
身体には熱が残っているのに、仕事では追い越されてしまった、しかも才能の違いへの感情も抱えていて、気持ちを持て余す。描き下ろしも。

・「きみのために」
表題作のスピンオフ。
アキたちと同じ事務所の本間俊介。子どもの頃から当然のようにモデルをしてきて、高校生になって方向を見失う。
最近売れてきたカメラマンの岸田智巳に指名され、告白される。

・「かさなるように」
巽友弘は、篠崎を喪ってはじめて、それが初恋だったと気づく。実家に向かうバスで篠崎にそっくりな青年を見つけて。それは弟の良だった。

絵、上手いなあー。本庄 りえに近いけど、あれほど線が立ってなくて、余韻がある。

キャラに色気が出てきた。久しぶりにキャラが格好いいと思えた作家さん。

アキ、匡を好きすぎる。
野口女史の眼鏡っぷりとピアスっぷりがツボ。好き。

なんか努力している彼らを見て、反省。女子力、磨こう。
「一生懸命やれば無駄なことはない」最近忘れてたなー。

「きみのために」の方、続編がみたい。
                         2009/9/30

《こんなふうにおススメ》
万民ウケする作家さん、オススメです。



ラベル:日高ショーコ
posted by zakuro at 15:20| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。