2009年10月09日

同級生

【同級生】 全01巻  /上田 規代

短編集。
・表題作でサブタイが「片恋ベクトル」
テニス部でひとつ年上の西崎先輩に片想いの泉。明るい反面、繊細で傷つきやすい。
先輩が引退後、朝倉の言葉に傷ついて部をサボりがちに。西崎先輩に言われて再び出るようになり、朝倉の優しさに気付いていく。
「両恋物語」に続き、ふたりの気持ちが繋がるまで。

・サブタイ「夢のあとさき」
サッカー好きの少年高村は、優等生の水野護が好き。ふたりは小中6年間同じクラスだった。高村がサッカー名門校の推薦を蹴ったと知って、水野は。

・「マイナスの心温」
青山は、同じ課の上司伊東を尊敬している。いつの間にかそれは恋に変わっていて。
気持ちを隠すために辞表を出すが、それを撤回するのを条件に伊東は身体を差し出す。

表題作のういういは好き。絵もさわやかで好き。
「大切な思い出が壊れてしまう」って、泉が席を立つところで彼の繊細さが出ていて良かった。
「夢のあとさき」がメインになるはずだったそうだけど、確かに続きは読みたい。後書きの4コマが嬉しい。
好みとしては「マイナスの心温」が好き。
この1冊、実はかなり美味しかったんではなかろうか。
                         2009/9/28

《こんなふうにおススメ》
レンタルコミックの広告に、この作品が使われていることが多く……探したら手持ちにあったんですよね。積んでおかずに読めという……。
絵はキレイだし、ういういでオススメ。



ラベル:上田規代
posted by zakuro at 00:18| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。