2009年10月13日

BODY TALK

【BODY TALK】 全01巻  /井ノ本 リカ子

短編集。
・「Liar Liar」
片名が拾ってきた青年は記憶がない。その理由は……。

・「ありえない」
食い逃げしようとした青年ナナと子ども。透はキレてレイプする。

・「くしゃみ」
教師の天井(あまい)と卒業式に身体を重ねた。卒業してはじめて、それまで約束なしでも会えた日々を懐かしく感じた。

・「甘病。」
かんびょうと読む。風邪をひいた病人の亜矢を看病する健。

・「目を開けてはいけない。」
太一は、同居している覧が寝ている間、毎晩のようにその身体を犯す。覧は悟られぬよう、じっと目を閉じている。

・「いちゃ いちゃ」
遠出したが、もう帰りのバスがない。

・「DOGS」
車内で生徒に犯される教師。

性描写が激しい作家さん。
BENNY’Sと同人活動しているが、どちらにもスカトロ系は出てくるので要注意。これだけ好みがはっきりしてるってすごい。

セックスシーンが売りだけど、話は甘々なのは面白い。エッチっていう表現を越えているので、好みな人にはストライクだと思う。
繊細な絵だけに、かえって激しくみえる。擬音がすごいのも特徴。初心者は注意。
ラストの話のオチ、怖い。
                         2009/9/28

《こんなふうにおススメ》
好みが作家さんとマッチしている人には、かなりはまると思う。



ラベル:井ノ本リカ子
posted by zakuro at 06:54| Comment(0) | 漫画-BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。